交通事故の賠償責任は自己破産すれば払わなくてもいいのか?

交通事故の賠償責任は自己破産すれば払わなくてもいいのか?

 

自己破産,賠償責任

様々な事情から多重債務者となり、借金で身動きが取れなくなった人が最後に採る借金問題解決の方策が自己破産です。

 

 

自己破産のメリットは、何といっても免責許可決定を受けられることにあります。

 

 

基本的に債務のすべてが免責される、つまり合法的に借金をチャラにできる特例措置を受けられるわけです。

 

 

では、この自己破産を申請した債務者が交通事故を起こしてしまった場合には、その交通事故に伴う賠償責任は免責されるのでしょうか??

 

 

まず、この事故が物損事故の場合には、修理代等の損害賠償債務は自己破産の手続きを行えば、免責されます。

 

 

これは、破産法253条1項3号に定められた交通事故の損害賠償請求権に関する項目によるものです。

 

 

具体的には「故意又は重過失にもとづく生命・身体に対する損害賠償請求権」に該当するか否かというポイントになります。

 

 

ですから、交通事故でも物損事故の場合には「生命・身体」に対する不当行為には該当しないため、非免責債権にはならないという解釈です。

 

 

つまり高級外車などに被害者が乗っていた場合でも、この交通事故(物損事故)によって高額な修理費用がかかってもその損害賠償請求権は、免責されてしまうわけです。

 

 

加害者が自己破産手続き中の場合には。

 

 

もしも、この自己破産申請者が任意保険にも加入していないケースでは、これらの損害賠償は免責になるので、保険で修理することもできないので、被害者は完全に泣き寝入り状態のとんだ災難になってしまいます。

 

 

一方、この交通事故が物損事故では済まず、相手に怪我をさせたりした人身事故の場合には、その損害賠償は免責されるのでしょうか?

 

 

これは自己破産申請者である加害者に「重大な過失」が認められる場合においてのみ、その損害賠償債務は非免責債権となって、免責を受けられなくなります。

 

 

他方、「単なる過失」と認められる場合には、その損害賠償債務は免責されることになります。

 

 

では、この交通事故における「重大な過失」と「単なる過失」の違いとはどういったものでしょうか?

 

 

更に、自己破産手続き中の人が交通事故において気を付けなくてはならないことや、自己破産において免責許可を受けるために心がけなくてはならないことは何でしょうか?

 

 

ここでは、以下でそれらのことを少し掘り下げて考えていきたいと思います。

 

 

 

自己破産申請者が加害者の交通事故において、「重大な過失」と認められる場合とは?

前述したように、交通事故でも物損事故の場合であれば、破産法に定められている「生命・身体」に対する不当行為には該当しないため、自己破産申請者が加害者の場合その損害賠償債務は免責されます。

 

 

片や、この交通事故が人身事故である場合には、その解釈は、この交通事故が加害者による「重大な過失」であるか「単なる過失」であるかによって大きく違ってきます。

 

 

このような交通事故(人身事故)における損害賠償請求権は、破産法253条1項3号に該当すれば、非免責債権となり、被害者は自己破産した加害者であっても損害賠償請求を行うことができます。

 

 

詳細には「故意又は重過失にもとづく不法行為にもとづく損害賠償請求権」に該当するか否かということです。

 

 

この「故意又は重過失」に該当するケースとは交通事故においては、具体的にどのようなものなのでしょうか?

 

 

交通事故において、非免責債権に振り分けられるほどの「重大な過失」というのは、だいたい以下のようなものを具体例として挙げることができます。

 

 

酒酔い運転や薬物摂取による危険運転など、故意に酒や幻覚を生じる危険ドラッグを飲んでいるのに運転する行為は極めて悪質性の高いものです。

 

 

また、無免許運転も悪質だと認められます。

 

 

更に、法定速度を30km以上もオーバーするような明らかな危険運転で交通事故(人身事故)を起こした場合などは極めて悪質だと認められるケースがほとんどです。

 

 

これらの場合には、「故意又は重過失」に該当すると判断されて、非免責債権となってこれらの交通事故に伴う損害賠償債務は免責されない可能性が高くなります。

 

 

判断の難しいケースとしては、過労や病気による疲弊や居眠りによって交通事故(人身事故)が引き起こされた場合です。

 

 

これらの場合には、裁判官の判断によって、損害賠償債務が免責されるか否かは大きく分かれることとなります。

 

 

 

交通事故の悪質性の有無によって損害賠償債務の免責が決まる?

自己破産,賠償責任
自己破産申請中(手続き中)の人が加害者となって交通事故を引き起こしてしまった場合、まず物損事故の場合には、その損害賠償債務は免責されます。

 

 

しかし、人身事故の場合には、その案件の内容如何で、自己破産手続き中の加害者の損害賠償債務が免責されるか、非免責債権として、免責されない処分となるかが分かれてきます。

 

 

この交通事故が、刑事事件で「危険運転致死傷罪」や「無免許運転」などの悪質性の高い罪に問われた場合には、民事裁判である自己破産手続きにも影響してきます。

 

 

すなわち「故意又は重過失」に該当すると判断され、この加害者が自己破産しても、その損害賠償請求債務は免責されずに、非免責債権となる可能性は極めて高くなります。

 

 

その一方で、この交通事故が「過失運転致傷罪」に問われた場合には、悪質性は無いと判断されます。

 

 

よって、このような単純な運転ミスや故意ではない不注意による交通事故だと認められた場合には、自己破産手続き中の加害者は、その損害賠償債務を免責される可能性は高くなります。

 

 

ただし、これらはあくまでもすべてにおいて「可能性が高い」というだけで、交通裁判の判断がそのままイコール自己破産の破産裁判に反映されるものとは限りません。

 

 

 

任意保険のお金も払えない自己破産申請者に危険運転など言語道断!

交通事故(人身事故)における重大な過失について考えてきましたが、その前に自己破産者は肝に命じなくてはならない大前提があります。

 

 

一般的に、自己破産申請をするほど経済的に困窮した債務者は、任意保険に加入するお金もない人が多いです。

 

 

このような立場の人間が、あろうことか危険運転や飲酒運転などをして交通事故(人身事故)を起こすということ自体、厳しい言い方ですが許されないことだと思います。

 

 

悪質極まりないとともに無責任極まりない行為です。

 

 

自己破産して免責許可を得ることはやむない救済措置ですが、危険運転や飲酒運転などで自己破産者に交通事故を引き起こされた被害者はたまったものではありません。

 

 

本来であれば、最低限の運転者の義務である任意保険も払えないようなドライバーは車に乗るべきではありません。

 

 

責任も取れないわけですから。

 

 

しかし、生活には車がどうしても必要な場合には、任意保険すら加入していない自己破産申請者は、人の10倍は安全運転に努めて然るべきです。

 

 

危険運転や飲酒運転など本当に言語道断だと戒めてください。

 

 

 

まとめ

自己破産手続き中の人が交通事故を起こしてしまった場合にはどうしたらいいのか?損害賠償債務は免責になるのか?を中心に考えてきましたがいかがだったでしょうか?

 

 

悪質性が無い不運な交通事故であれば、非免責債権にはならない可能性が高いので、まずは、近所の法律事務所などで無料診断を受けて、相談できる専門家を見つけることが大事でしょう。


 
自己破産,賠償責任