自己破産で財産隠しを暴く破産管財人とは?

自己破産で財産隠しを暴く破産管財人とは?

 

財産隠し,破産管財人

自己破産の申立人に一定以上の資産が認められる場合、自己破産の手続きと同時に、裁判所によって破産管財人が選任されます。

 

このような自己破産の案件を「管財事件」と呼びます。

 

破産管財人の主な仕事は、自己破産の申し立てが適正に嘘偽りなく行われているかを調査すること。

 

管財事件では、申告対象の資産(財産)を隠す、「財産隠し」が見られるケースも少なくありません。

 

そのため破産管財人が、書類に虚偽の記載がないか、財産隠しなどの不正はないか、などを細かくチェックするのです。

 

では、破産管財人の仕事内容について詳しく見ていきましょう。

 

破産管財人は裁判を起こして債務者の財産を取り戻す場合もある

管財事件の場合、破産申立人の自由財産を除く財産は、破産管財人の手によりすべて売却されます。

 

そして現金化された財産は、債権者に分配されることになっているのです。

 

さて、この破産申立人の財産には、大きく分けて2つの種類が存在します。

 

ひとつは、「自己破産の申立人が現在保有している財産」

 

これは自宅の土地や建物、保有している自家用車、宝石や貴金属類、金融機関に保有している預貯金のこと。

 

通常、これらの財産は破産管財人が即座に差し押さえ、換価処分し現金化したうえで、債権者に配当します。

 

そして、もうひとつの財産が「自己破産の申立人が現在保有していない財産」です。

 

実は、これが少々厄介者。

 

「自己破産の申立人が現在保有していない財産」とは、借金の過払い金や、自己破産の申立人が友人・知人に貸しているお金、申立人が詐欺被害に遭って騙し取られたお金などのことです。

 

また、申立人がわざと隠している財産もこれに該当します。

 

これらの財産は、破産管財人と言えども簡単には回収できません。

 

特に詐欺被害に遭ったお金の回収などすんなり返ってくるわけがないので、破産管財人が裁判を起こして被害額を取り戻すこともあります。

 

 

その他、破産管財人が調査すること

破産管財人は申立人の身辺を細かくチェックします。

 

債務者宛の郵便物は、全て破産管財人の事務所に転送される

自己破産の申立人の郵便物は、役所からの通知書であろうが、恋人からのラブレターといった私的な郵便物であろうが、すべて破産管財人のもとへ転送されます。

 

これは申立人が、財産隠しなどの不正行為を行っていないか、自己破産の申立書に記載した以外に借金などがないか、などをチェックするため。

 

破産管財人は、「財産隠しなどの不正を暴く」という大義名分があるので、本人の承諾を得ずに郵便物を開封し、中を検分する権限があるのです。

 

とはいえ実際には、本当にあやしくて不審な郵便物でもない限り、破産管財人が勝手に封筒を開封することはありません。ご安心ください。

 

銀行などの預金通帳は全て破産管財人に預けなければならない

申立人は、利用しているすべての金融機関の預金口座の通帳を、破産管財人に預けなくてはなりません。

 

これも、不審なお金の流れがないかをチェックして監視するため。

 

ですから不審な点がない限り、通帳を破産管財人に預けても、申立人がその口座を使えなくなるということはありません。

 

 

破産管財人の費用を支払えなければ自己破産手続きは進まない

破産管財人はボランティアではありません。

 

破産管財人には報酬を支払わなくてはいけないのです。

 

破産管財人の報酬を負担するのは、自己破産の申立人。

 

色々と不満もあるかと思いますが、これは仕方ありません。

 

破産管財人の監督がなければ、財産隠しなどの不正行為が横行してしまいます。

 

自己破産手続きを円滑に進めるために、破産管財人の存在は必要不可欠なのです。

 

破産管財人への報酬の支払いを拒否したり、支払いが遅れてしまった場合は、自己破産の手続きもストップしてしまいます。

 

手続きが長期化してしまうので注意しましょう。

 

 

まとめ

自己破産における破産管財人の役割などについて解説しました。

 

破産管財人は、財産隠しなどの不正を暴くだけでなく、自己破産手続きを円滑に進めていくためにも必要不可欠な存在なのです。


 
財産隠し,破産管財人