借金返済が不可能になる前に準備すること。

借金返済が不可能になる前に準備すること

 

借金返済,不可能

生活苦や、月々の様々な支払いなどで借金を目いっぱい各所に作ってしまった場合−。

 

 

その借金が限度額まで膨らんで債務超過になってしまった場合には、借金返済が不可能になるケースがほとんどです。

 

 

では、このように多重債務などが膨らんでいってしまい借金返済がほぼ不可能になってしまった債務者はどうすればいいんでしょうか?

 

 

本来であれば、銀行や消費者金融など借金をしている会社に連絡しその旨を伝えることが筋でしょう。

 

 

そして、いついつまでに支払えると約束して、それまでは待ってもらうとか工夫をすべきです。

 

 

しかし、多重債務でその「いつ支払えるか?」という目途がまったく立たない場合にはどうでしょうか?

 

 

このケースでは、もうそのような一時的な方策はあまり意味がありません。

 

 

だって、また来月も同じことを繰り返すことが目に見えているわけですから。

 

 

このように付け焼刃の対策ではとても解決できないと思えるようなケースでは、債務者自身も自力での借金返済はもはや不可能であることがわかっていると思います。

 

 

このような羽目に陥ると、債務者によっては大きな勘違いの行動を取ってしまうことがあります。

 

 

それは、債権者から督促が来ても、そのまま放置してのらりくらりと逃げていれば、借金は時効になる、という俗説通りにやり過ごそうとする行為です。

 

 

借金返済が不可能な債務者が、最もやってはいけない行動が、この借金放置です。

 

 

現実問題として、業者が何もせずそれを許して、放置しているわけがないのです。

 

 

実際には、借金消滅の時効前に債権者の業者によって、借金の請求訴訟として裁判にかけられて、それでも更に放置して逃げようとすれば強制執行を受けてしまうわけです。

 

 

借金の時効どころか、財産や給料を差し押さえられる羽目になるので、絶対に放置や夜逃げなどはしないでください。

 

 

ここでは、以下において、借金返済が不可能になった債務者はどう振る舞っていけば良いかを考えていきましょう!

 

 

 

借金返済が不可能だと判断したら迅速な対応を!

1ヶ月や2ヶ月で解決できる借金問題ならまだしも、借金返済が不可能な状態が慢性的に続行していくようであれば、もう半永久的に借金返済は不可能ということでしょう。

 

 

もし、このように先々どう考えても借金返済はどうにも不可能な見通ししか得られなくなった場合には、できるだけ早く具体的な対策を採っていかなくてはなりません。

 

 

借金返済が不可能だからと言って、無策で放置していると、高額な延滞金がどんどん付加されていきます。

 

 

借金を放置して良いことは何も無いのです。

 

 

ではどうするのが良いのでしょうか?

 

 

借金返済がどうやら不可能なようだ、という見立てができた時点で、できるだけ迅速に法律事務所の無料診断を受けてください。

 

 

特に、債務整理を専門としていたり、債務整理や自己破産を得意としている弁護士や司法書士のいる法律事務所に絞り込めば尚良いです。

 

 

しかし、中には借金返済が不可能になった発端となった借金の原因が恥ずかしくていくら弁護士でもいきなり話すのは抵抗があるという人もいます。

 

 

例えば、ギャンブルや風俗通いなど、非常に体裁も外聞も悪い理由で借金を作った債務者などもいます。

 

 

このような場合は特に、地元にある法律事務所に顔見知りでもいたり地元の人に見られたら嫌だ、というケースも多いわけです。

 

 

しかし、現代においては、心肺ご無用です。

 

 

無料の法律相談は、多くの法律事務所においては、匿名でメールや電話で受けることができます。

 

 

ですから、匿名で自分が借金返済が不可能になった経緯を話して、最も有効な具体策を専門家に助言してもらえたりするわけです。

 

 

なので、まずはこうしたサービスを上手く利用して、はじめの一歩を踏み出すことが大事です。

 

 

 

借金返済が不可能になった場合の最悪の対処の仕方

債務超過となり、もはや借金返済が不可能になってしまった場合にはできるだけ迅速な対応が必要だと前述しました。

 

 

借金返済が不可能になって、支払いを滞納してくると、債権者からの督促や支払い催促の電話などにビクビク毎日怯えて暮らすようになります。

 

 

そうなると、精神的に毎日追い詰められた状態になり、ストレスは過大で、生活自体が崩壊し始めます。

 

 

借金返済が不可能なのに、支払いを滞納して抜け出すことのできない借金地獄の泥沼で毎日精神的にのたうち回らなくてはなりません。

 

 

そうなってくると、夜もなかなか寝付けなくなり、不眠症などの睡眠障害となって、心身共に消耗がより酷くなってしまいます。

 

 

更にその状態で無策のままだと悪化の一途を辿り、うつ病をはじめとする精神疾患を患うようになります。

 

 

そして、さらに悪化して最悪の場合には、そのまま自殺してしまったり、家族を巻き込んで無理心中なんてことにもなりかねません。

 

 

そのような最悪の事態を避けるためにも、借金返済が自力ではもう不可能だと判断したら速やかに具体的な方策を採ることが重要となっていきます。

 

 

つまり、借金返済が不可能だと悟ったら、一刻も早く弁護士や司法書士などの専門家に相談して、不可能な借金返済に対する措置を講じるべきです。

 

 

 

弁護士と司法書士、それぞれの長所と短所

多重債務などで、借金返済が不可能になった場合、法律事務所の無料診断などを受けた上で、弁護士や司法書士などの法律の専門家に債務整理を依頼するのがベストです。

 

 

では、この場合、弁護士と司法書士、どちらに債務整理を依頼するのが得策なのでしょうか??

 

 

回答は、「ケースバイケース」です。

 

 

自力では不可能な借金返済という事態に陥ってしまった場合には、弁護士か司法書士に自己破産を含む債務整理を依頼するのが最も一般的な解決策だといえます。

 

 

それぞれメリットとデメリットがあります。

 

 

弁護士のメリットは、弁護士には「代理権」があるということで、基本的に債務者に代わって、自己破産などの手続きを全て弁護士が代行できる特権を持ちます。

 

 

ですから、借金返済の不可能になった依頼者(債務者)は基本、その債務整理の手続きは、弁護士に丸投げでいけるというわけです。

 

 

デメリットは、弁護士費用は相場が高価だということです。

 

 

自己破産をはじめ債務整理を、弁護士ではなく司法書士に依頼する場合のメリットは、弁護士に比べるとその費用が安いという点です。

 

 

デメリットは代理権がないので、書類の作成以外の裁判所との交渉や受け答えなどは弁護士のように代理権を持ちません。

 

 

しかし、最近では、裁判所に司法書士が同行することも認めている場合が普通なので、あまりそこまで大きな差は無いと思っていいでしょう。

 

 

ですから、費用の大小を別にすれば、弁護士であろうが司法書士であろうがそう大きな違いはないような感じではあります。

 

 

それよりも大事なポイントがあります。

 

 

「信頼できる専門家(弁護士・司法書士)を選ぶ」

 

 

というポイントです。

 

 

債務整理、中でも免責許可を受けることのできる自己破産の手続き期間は、半年〜1年におよぶ長丁場となります。

 

 

このような長い期間付き合わなくてはならないその間のパートナーである専門家は、弁護士であれ司法書士であれ、まず人間的に信頼できる人が何より大事です。

 

 

借金返済が不可能であるあなたの事情や心情を汲み取り、エージェントとして有能に尽力してくれる信頼に足る専門家を選ぶことが何よりでしょう。

 

 

 

まとめ

借金返済が不可能になった債務者はどう振る舞えば良いかを考察してきましたがどうだったでしょうか?

 

 

大事なことは自分だけの判断で行動せずに周りの意見もできるだけ聞く事。

 

 

さらにできるだけ迅速に、法律の専門家に相談して具体策を講じるということです。


 
借金返済,不可能