自己破産してブラックリスト入りしたら、クレジットカードは作れないの?

自己破産してブラックリスト入りしたら、クレジットカードは作れないの?

 

自己破産,ブラックリスト,クレジットカード

あなたが自己破産すれば、当然、金融事故を起こした人としていわゆる「ブラックリスト」扱いになります。

 

 

ブラックリストというのは、実際にそういうリストがあるわけではなく、信用情報機関の個人情報のデータベースに、あなた自己破産したという情報が登録されることを指した便宜上の言葉です。

 

 

自己破産などで、一度、このブラックリストに載ってしまうと、もう二度とクレジットカードを作ったり、金融機関や信販会社などで、ローンを組んだりはできないのでしょうか??

 

 

ここでは、あなたが自己破産した後でも、クレジットカードを作れるのか?否か?を掘り下げて考察して、検証して行きたいと思います。

 

 

 

ブラックリストの存在意義とは!?

自己破産,ブラックリスト,クレジットカード
「ブラックリスト」という言葉自体はよく使われている言葉ですが、実際にそんな名前のリストがあるわけではありません。

 

 

主に、度重なる支払い遅延や、長期にわたる支払いの延滞行為や、主に消費者金融などへの多重申込み、そして自己破産を含む債務整理などを行った人などをまとめたリスト。

 

 

「借金を返さない。借金を踏み倒した」行為を行った者に対して、「この人は金融事故を起こしていますよ!」という情報を、それぞれ加盟している信用情報機関に登録して、同業者に注意を喚起する表記になっている状態を集めたリスト。

 

 

イメージしやすい俗語でいわゆる「ブラックリストに載っている」と呼ぶのです。

 

 

このブラックリストの存在意義は、様々な面で有用です。

 

 

まず、お金を貸す側、つまり、銀行やその他の金融機関、カードローン会社や信販会社、消費者金融にとって、「貸し倒れ」になるリスクを低減することが第一。

 

 

さらに悪質な利用者との契約をしないための予防線でもあります。こういったブラックリストがなかったら、多重債務に陥っている状態の人にも、どんどん貸してしまう事態を招きかねません。

 

 

そうなると、回収の見込みは極めてゼロに近く、貸し倒れの状態で、業者の業績悪化にもつながってしまいます。

 

 

次に、あなたのような借りる側の保護、という観点からでも有用です。

 

 

自己破産する前の多重債務者というのは、借金返済のために借金を重ねるという、自転車操業の火の車状態で多額の借金を雪だるま式にふくらましていってしまうのが常です。

 

 

そういったもう個人ではどうにもならない悪循環を断ち切らせるために、ブラックリストはやはり必要です。

 

 

ブラックリストに載った多重債務者は、これ以上無謀な借金を重ねることができなくなりますので、個人の悪循環を断ち切ることにもつながります。

 

 

ブラックリストは、最低限の借り手の保護とともに、貸し手のダメージにも水際で防ぐ意義もあるのです。

 

 

そして、自己破産の申し立てが認可されて、免責となった後でも、当分の間は、信用情報機関に、自己破産情報(金融事故情報)は登録され続けるので、ブラックリスト扱いは続きます。

 

 

この間に、各方面に迷惑をかけまくり、合法的にではありますが、いわゆる「借金を踏み倒した」償いをすべく、地道に真面目に経済的な信用を1から再構築していく努力をする必要があるのです。

 

 

そういった意味において、いわゆる「ブラックリストに載る」という措置は、非常に大きな社会的な存在意義があると言えます。

 

 

 

自己破産後は本当にクレジットカードは作れないの??作成のための4つのポイント!

自己破産,ブラックリスト,クレジットカード
とはいえ、自己破産してブラックリストに掲載されても、人生はまだまだ続きます。

 

 

自己破産しても人生終わりではないし、敗者復活戦で、自己破産前よりもっと頑張って幸福な人生を目指そう!と、心機一転の気分かもしれませんよね。

 

 

ましてや、現代はキャッシュレス時代−

 

 

現金だけでももちろん生活はできますが、何かと支払い等には、クレジットカードはじめ各種のカード決済などの方が便利な時代です。

 

 

なので、自己破産してブラックリストに掲載されても、クレジットカードは、あらゆる場面で必要となってくることでしょう。

 

 

ここで一つの疑問があります。

 

 

自己破産したら、クレジットカードは作れないのでしょうか??

 

 

答えは、いくつかの条件をクリアすれば、自己破産後でも、クレジットカードは作れるようになります。

 

 

いくつかの条件とは、簡単にいえば、

 

 

自己破産後、最低でも5年以上が経過していること。

 

 

継続した収入が確定している正社員であること。(クレジットカード会社によっては、パート、アルバイトでも可)

 

 

確認の取れる連絡先があること。

 

 

自己破産時に、借金を踏み倒した会社以外であること。

 

 

これらの条件を満たしていて、且つ、最初は大きなローンの申し込みをせず、少額の取引などを行い小さい信用をまずは積み立てて行くことから初めて下さい。

 

 

そうすれば、自己破産後でブラックリストに掲載されても、クレジットカードを作れる可能性は飛躍的に高くなります。

 

 

いずれにしても、信用情報機関に、自己破産情報が掲載されている間(KSCでは最低10年、CIC、JICCでは最低5年)はクレジットカードを新しく作ることはかなり厳しい状態です。

 

 

上記の条件を守ったとしても審査合格は結構厳しいと思われます。

 

 

たまに、メールや広告などで、「自己破産後5年以内でもクレジットカードが作れますよ!!」という甘い誘いが来ると思いますが、詐欺に近い場合もあるので、手を出さないのが無難です。

 

 

ポイントは、信用情報機関から、自己破産情報が削除される5〜7年が経過するまでは諦めてひたすら地道に現金で生活し、経済を立て直しながら、できるだけ貯蓄に励み、我慢することです。

 

 

決して焦ってはいけないし、軽率なクレジットカード申し込みなどはしないことです。

 

 

軽率にクレジットカードを申し込みしてしまうと、クレジットカード会社からは自己破産後でも金銭面でだらしのない人間と思われてしまい、会社自体の永久ブラックの部類に登録される可能性もあります!

 

 

 

新たにクレジットカードを手に入れられても注意すべき点!

自己破産,ブラックリスト,クレジットカード
自己破産しても継続収入がしっかりしているところであれば、自己破産後7年経過することで、新たにクレジットカードを作成できる可能性は充分にあります。

 

 

しかし、ここでクレジットカードが作れたからと言っても、気を緩めず引き締めてください!!

 

 

様々な事情はあるでしょうが、一度、自己破産という債務整理の最終手段のカードを切っているのです。

 

 

その上で、ブラックリストから消えたとはいっても、消えるまでの間に他の金融記録も一切無いので、ホワイト状態になっており、自己破産したことはバレバレです。

 

 

そのような時に、

 

 

「やったー!やっと、ブラックリストから消えた!!さて、今欲しくてたまらない新車のローンを組むぞ!!」

 

 

みたいな浮かれた高額ローンや、多額のキャッシングの申込みを行っても、まず、マトモな会社の審査には通りません。

 

 

それどころか、「この人、まだ懲りてないんだ…」という見方をされ、やっと信用がマイナスから0まで戻ったものが、不用意な行為でマイナスに振り戻るのです。

 

 

このような愚行は絶対に避けましょう!

 

 

自己破産後5〜7年後に、クレジットカードが新たに作れるようになったら、次にやるべきことは、「ちいさな信用を積み上げていく努力をすること!」です。

 

 

どういうことかと言えば、まず、新規キャンペーンなどを展開している比較的審査の甘めのクレジットカードを申し込んで作成します。

 

 

そして、カードができたら、まだローンを申し込むこともキャッシングも控えてください。

 

 

そのクレジットカードは、毎月支払う光熱費や携帯・スマホの利用料金の支払いに使用してください。

 

 

ホワイトになっているあなたの金融取引の実績をこのような小さなことを積み重ねて作っていくんです。

 

 

あなたの信用はまだ0で、ここから信用作りが始まることを理解しましょう。

 

 

それには、まず、実績作りがとても大事なんです。

 

 

クレジットカードは打ち出の小槌じゃない!

自己破産,ブラックリスト,クレジットカード
自己破産後に再びクレジットカードが使えるようになった際に、思い出してもらいたい言葉が、この見出しの通りの文句です。

 

 

以前、クレジットカードやカードローンを打ち出の小槌のように無計画に使い、挙句、多重債務に陥って自己破産してしまったわけです。

 

 

もう、二度と同じ愚行を繰り返してはいけません!!

 

 

また、同様に現在クレジットカードのリボ払いや、未払いで現状困っている状態であれば、借金診断を受けられることをオススメしています。

 

 

下記にある【無料診断はこちら】ボタンから、無料で、しかも匿名でできる、借金診断の説明をしているので、説明だけでも見ていってください。


 

自己破産,ブラックリスト,クレジットカード