カードやローン審査に落ちたら、あなたの信用情報が間違っていることも!?調べておきたい信用情報!

カードやローン審査に落ちたら、あなたの信用情報が間違っていることも!?調べておきたい信用情報!

 

信用情報開示請求

カードやローン審査でよく言われているのが信用情報調査です。

 

 

近頃どんどん増え始めている新車リースや、ローンを組んでオートや家屋を買うするには、あなたの「信用情報」が重要になってきます!

 

 

自己破産後の人であっても、信用情報さえしっかりしていれば、新車ローンや新車リースを組むことが可能なのは、下記の記事でも紹介させて頂きました。
自己破産者のオートローンはどうなるのか?ローン審査の仕組みを詳しく説明

 

 

簡単に説明すると、カードやローンを利用する場合、契約時に信用情報調査を行います。

 

 

信用情報調査とは、主に3ヶ所の信用情報機関で信用情報の開示請求を行うことがほとんどです。

 

 

銀行系の全国銀行協会(JBA)という機関では、あなたの事故情報が最低10年間は掲載されています。

 

 

最近ではオートリースやオートローンであっても、JBA、JICCの信用情報機関を調査する金融業者が増えてきています。

 

 

それだけ、金融業者やローン会社は、信用情報審査を大切にして、リスクを減らしているわけです。

 

 

下記のサイトでは、JBA、JICC、CICの信用情報を行政書士があなたに代わって申請書類の作成→申請手続きを全てやってもらえます。
アヴァンス行政書士法人で信用情報開示

 

 

こちらのサービスでは、法律事務所に行く必要もないし、スマホやパソコンから簡単に申込ができますので、ローンを通すために万全を期すのであれば、信用情報を調査しておくことも必要です。

 

 

また、信用情報が開示されたとしても元々金融業者の審査のための書類なので、馴染みのないわかりにくい文言がありますが、そのあたりも行政書士から丁寧に説明してもらえます。

 

 

オートローン以外でも住宅ローン審査にも信用情報は必要になってくるので、自己破産したことが在る方や、ローン審査に通らなかった人もなぜ通らなかったのか原因を特定することが出来ます。

 

 

また、行政書士からいつになれば通らなかった原因が抹消されるかのアドバイスも受けれるので、本当に気になる人は申込してみてはどうでしょうか?
アヴァンス行政書士法人で信用情報開示

 

 

※2017年10月19日追記※
私は仕事柄、オートローン会社と商談することが多いのですが、そのオートローン会社の営業マンから聞いた話では、最近、新車のオートリースを利用する人が増えてきており、申込者の信用情報は、必ず過去10年間は見るのが基本のようです。

 

 

だから、「10年間以内に自己破産していれば、通らない」ということではなく、自己破産後でもしっかりと信用情報を積み上げてきて、債務整理がきちんとされていれば、審査に通すことも多いようです。

 

 

また、話を聞いてビックリしたのが、すでに完済した借金について、金融会社が信用情報の抹消を行わずに放置して、審査に通らないこともあるようです!

 

 

こういったことを防ぐためにも一度信用情報を調査するもの一つかもしれませんね!
アヴァンス行政書士法人で信用情報開示


 
信用情報開示請求