自己破産後にスマートフォンや、携帯電話、プロバイダ契約ってできるの?

自己破産後にスマートフォンや、携帯電話、プロバイダ契約ってできるの?

 

自己破産,スマートフォン

止むに止まれぬ事情で自己破産しようと考えている人は、破産後も今まで通りの生活ができるのか気になるところだと思います。

 

自己破産におけるリスクやデメリットなどはこちらを御覧ください。
<自己破産するとどうなるか?リスクとデメリットについて!?>

 

自己破産後の生活で、まず気になるのが「携帯電話やスマートフォンは今までみたいに使えるの?」「パソコンでインターネットできるの?」という点だと思います。

 

⇒匿名・無料で借金診断できるのはご存知ですか?

 

現代社会において、もはや携帯電話やスマートフォンは必要不可欠な生活ツール。

 

自己破産することでこれらを失ってしまったとしたら、生活が著しく不便になってしまうことでしょう。
また、連絡手段がないということですから、自己破産後の就活においてもかなり不利になってしまいます。

 

⇒匿名・無料で借金診断できるのはご存知ですか?

 

通信会社が参加する不払者情報の交換システムとは?

自己破産すると、いわゆる「ブラックリスト」掲載者として、日本国内の3つの信用情報機関に自己破産情報が掲載されます。

 

特に自己破産した人がやりがちなのが、携帯やスマートフォンの月々の支払いを滞らせているケース。

 

実は、携帯会社間には「携帯ブラック」という情報交換システムがあり、不払い(未払い)者の情報を共有しているのです。

 

このネットワークは「電気通信事業者協会(TCA)」と呼ばれています。

 

これに加入している携帯電話会社は、いつでも「携帯ブラック」情報(携帯料金の滞納や、不払い・未払い、破産情報)を交換することが可能なのです。

 

⇒匿名・無料で借金診断できるのはご存知ですか?

 

自己破産後に携帯電話は契約できるの?

携帯やスマートフォン代を滞納した場合は、TCA(携帯会社が加盟している情報交換システム)によってブラック情報が共有され、契約ができなくなってしまいます。

 

しかし、例えあなたが自己破産後であっても、不払いや未払いさえ解消できれば、携帯ブラックのリストからは削除されるのです。

 

つまり、「自己破産後であっても、不払い分さえ無くすことができれば、また携帯やスマートフォンの回線契約自体ができる」ということ。

 

ただ、自己破産をした後では、スマートフォンや携帯電話の端末本体(ハードウェア自体)の「分割購入契約」は、かなり難しいと言わざるを得ません。

 

分割購入では、契約者の信用情報が照会される可能性があるためです。

 

ですから、端末本体を購入する場合は、「一括購入」することになります。

 

⇒匿名・無料で借金診断できるのはご存知ですか?

 

自己破産後にプロバイダ契約はできるの?

携帯やスマートフォンは、端末の分割支払い契約は難しいものの、回線契約は自己破産後でも可能だということがわかりました。

 

では、パソコンを使用するインターネット回線の使用契約(プロバイダとの契約)は、自己破産後でも可能なのでしょうか?

 

結論から言うと、イエス

 

自己破産後でも、プロバイダと契約を結んでインターネット回線を利用することは可能です。

 

その理由は、特定のケースを除いて、料金の支払いに口座振替を利用するため。

 

つまり、カード決済時に行われるような審査がないのです。

 

ただし、料金の未払いや、支払いを踏み倒した過去がある場合、そのプロバイダと契約することはできないので注意してください。

 

この場合は、別のプロバイダと新たに契約を結んだ方が得策でしょう。

 

⇒匿名・無料で借金診断できるのはご存知ですか?

 

まとめ

自己破産後でも料金の不払いさえ解決させれば、スマートフォンや携帯電話などの「回線契約」は可能です!

 

また、パソコンからインターネット回線を利用するプロバイダ契約も、踏み倒しや不払いの過去がない会社であれば、契約できることがわかりました。

 

ただし、信用情報に傷がついている以上、スマートフォンや携帯電話端末の分割購入(ローン)はできないことを覚悟しておきましょう。

 

⇒匿名・無料で借金診断できるのはご存知ですか?

 

自己破産後にスマートフォン・携帯を新しく購入・契約する場合は、中古で激安の端末(※白ロム)を購入し、携帯会社では回線契約だけを結ぶのがベストです。

 

白ロム…SIMカードを抜いてある状態のスマートフォンのこと。

 

白ロムのスマートフォンは、ブックオフなどで、よくガラスケースに陳列されています。

 

ただ、このとき、赤ロムのスマートフォンを購入しないよう、くれぐれも注意してください。

 

赤ロムとは、「まだ端末の分割支払いが残っているのに、売り飛ばしてしまったスマートフォン」のこと。

 

赤ロムスマートフォンを買っても、携帯会社から通信にロックをかけれ、使用できなくなってしまう場合があります。

 

⇒匿名・無料で借金診断できるのはご存知ですか?

 

いずれにせよ、携帯電話やスマートフォンなどの通信ツールを債務にするかどうかは、然るべき専門家などに相談して、しっかり検討するように努めてください。

 

もし上記に当てはまらない場合でも、借金のことで悩まれているのであれば、まずは借金減額診断を受けられることをオススメします。

 

 

下にあるボタンから匿名・無料で借金減額診断が行なえますので、一度試されてはどうでしょうか?


 
自己破産,スマートフォン