風俗嬢やキャバ嬢でもカンタンにできるオススメの債務整理方法

風俗嬢やキャバ嬢でもカンタンにできるオススメの債務整理方法

 

自己破産,風俗嬢,キャバ嬢

風俗店で風俗嬢として働いたり、キャバクラでキャバ嬢などとして働く女性の中には、様々な理由から、多額の借金を抱えている人も数多く存在します。

 

 

というよりも、巨額の借金を作ってしまい、それが元で風俗嬢やキャバ嬢という風俗業界で働き始めた、という女性も少なくないわけです。

 

 

そもそも、それほど巨額な借金を作ってしまった理由というのは諸々あります。

 

 

まず、不運なところでは、親が事業に失敗してその借金を被ることになったり、知人や、主婦の場合には旦那の連帯保証人になったがために借金を被るハメになってしまったとか…。

 

 

ひどい話では、悪質なホストクラブでは、女性客をいかにうまく利用してお金を使わせ、借金漬けにした挙句、風俗嬢やキャバ嬢として業界に売り飛ばすマニュアルまであるほどです。

 

 

理由はどうあれ、一旦こうやって多額の借金を背負って風俗嬢やキャバ嬢として働きだしても、すぐに借金を完済できるわけでもなく、最低でも数年間は借金を完済するまで時間がかかってしまいます。

 

 

必死で働いて、借金を返済していくことは立派なのですが、風俗嬢やキャバ嬢として長年働くことは、何かと支障があり、人生の時間も浪費している気がします。

 

 

もちろん、好きで風俗嬢やキャバ嬢をやっている方々もいるでしょうから、その方々にとっては有意義な仕事であり、その限りではないことはお断りしておきますが。

 

 

多額の借金の為に、仕方なく歯を食いしばって風俗嬢やキャバ嬢をやっている人であれば、この記事で紹介するカンタンにできるオススメの債務整理方法を試されてはどうでしょうか?

 

 

そのカンタンにできる債務整理方法が、自己破産です。

 

 

自己破産は、債務整理の中でもとりわけ強力な借金問題の解決手段であり、債務返済の義務を合法的に免除できる免責許可を受けることができます。

 

 

では、多額の借金を背負って風俗嬢やキャバ嬢として必死に働いて借金を返済している人たちは、なぜ、この自己破産という切り札のカードを切らないのでしょうか?

 

 

風俗嬢やキャバ嬢の方たちが、自己破産を始めとする債務整理にいまひとつ乗り気になれず、二の足を踏んでしまう最大の理由は、「自分が風俗嬢やキャバ嬢であることが公にバレるのがイヤ」というものです。

 

 

また、自己破産を依頼する際にも、弁護士や裁判所に、自分が風俗嬢やキャバ嬢として働いているのが知れ渡り、好奇の視線に晒されたり、ヤラシイ目で見られることが耐えられないという理由です。

 

 

多額の借金を背負って自己破産を検討している風俗嬢やキャバ嬢が、躊躇している原因である、自己破産のプロセスで公に風俗嬢であることがバレるのか?否か?について考えていきましょう。

 

 

 

自己破産の申立書に『風俗嬢』や『キャバ嬢』と書く必要があるのか?

自己破産を申し立てる時には、具体的にはまず裁判所に自己破産の申立書を作成して提出する義務があります。

 

 

この自己破産の申立書には、自己破産の申立人の職業を記入する欄があります。

 

 

裁判所に提出する書類ですから、嘘を書くわけにはいきません。

 

 

かといって、「風俗嬢」や「キャバ嬢」と書いてしまっては元も子もありませんし、極力書きたくないとことですね。

 

 

では、どうしたらいいのでしょうか??

 

 

実際は、自己破産の申立書の職業を記載する欄には、風俗嬢であっても、キャバ嬢であっても、「アルバイト」もしくは「サービス業」と記載すれば十分です。

 

 

現実問題として、風俗嬢もキャバ嬢も、正規の社員などではなく、形式的には「アルバイト」の扱いで働いている場合がほとんどです。

 

 

更に、お客様に接客して、サービスを提供するサービス業でもあるので、何も嘘はついていませんよね?

 

 

ですから、職業記入欄は、風俗嬢であってもキャバ嬢であっても、「アルバイト」もしくは「サービス業」だけで十分なのです。

 

 

ですが、同じく自己破産の申立書の「就業先」には、風俗嬢やキャバ嬢として勤務しているお店の名前を正直に記入する必要があります?

 

 

これはどうしたものでしょうか?

 

 

この場合には、お店の規模によります。

 

 

多くの場合、風俗嬢として働く風俗店やキャバ嬢として働くキャバクラは、それを経営しているレジャーグループなどの企業(例:●●産業、××商事)などの傘下にあります。

 

 

ですから、この就業先の欄には、その店名ではなく、経営親会社の会社名を書けば良いのです。

 

 

これで、風俗嬢やキャバ嬢ということは、書類を見ただけではわかりません。

 

 

 

自己破産を依頼する弁護士にも風俗嬢だと申告する必要はない

自己破産,風俗嬢,キャバ嬢
自己破産を本当はしたいのに、風俗嬢をやっていることを自己破産を依頼する弁護士や司法書士に知られたくない、という理由から躊躇している風俗嬢はいっぱいいるようです。

 

 

自己破産を法律事務所などに相談に行く際には、職業は正直に話すべきですが、何も直球で「私は風俗嬢ですが」とか「私はキャバ嬢ですが」とまで話す必要はありません。

 

 

やんわりとサービス業や接客業であるとだけ伝えて、あとは店名などを言ったら、弁護士や司法書士がちゃんと空気を読んで察してくれる場合がほとんどです。

 

 

ですから、自己破産を弁護士に依頼する段階でそのようなことを気にする必要も無いでしょう。

 

 

もし、万が一、風俗嬢やキャバ嬢だということがわかったところで、弁護士は他の依頼者と何ら変わることなく淡々と自己破産手続きを行っていくだけなので、安心してください。

 

 

また、弁護士には「守秘義務」というものがありますので、もし業務で知り得た依頼者の秘密を何処かに流せばそれだけで、守秘義務違反となりますので、弁護士も依頼者の秘密を簡単には流せません!

 

 

注意点として、管財人と面談をして、事情説明をする必要があります

自己破産を申し立てる際に作成する申立書に、風俗嬢やキャバ嬢であることを記入する必要はありませんし、自己破産を依頼する弁護士にも風俗嬢をしていることは申告する必要はないとわかりました。

 

 

ですから、基本的に自己破産の手続きを進めていく上で、風俗嬢やキャバ嬢であることは公になることや取沙汰されるようなことはまずないと考えて良いと思います。

 

 

しかし、1つだけ例外はあります。

 

 

それは、裁判所が選定した破産管財人との面談で、直接、破産管財人から「あなたは風俗嬢(キャバ嬢)ですか?」と、聞かれた場合には、正直に「はい、そうです」と答えなくてはならないことです。

 

 

このことは、裁判官から同様の質問を受けた場合にも該当します。

 

 

自己破産の手続き期間中における面談時に、裁判官や破産管財人に質問された設問には正直に答えなくてはいけないのです。

 

 

もし、隠し事をしたり、嘘の回答をした場合には、免責許可が受けられなくなる「免責不許可事由」に該当すると見なされて、借金がチャラにならずに残ってしまうことになります。

 

 

ですから、裁判官や破産管財人からこのような質問をされた場合には、正直に風俗嬢やキャバ嬢であると答えてください。

 

 

もっとも、たいていの裁判官や破産管財人は、常識的な人間で空気が読めますから、わざわざこのような質問をしてこないと思いますが、中には少しズレた人に当たるリスクも0とは言えないので、その場合には諦めて正直に答えましょう。

 

 

正直に風俗嬢と答えたところで、手続き的におかしな方向になることもないので、そこまで気にする必要もないと思います。

 

 

 

まとめ

さて、風俗嬢やキャバ嬢でもカンタンにできるオススメの債務整理方法を紹介してきました。

 

 

そして、実際に自己破産を申請する場合の申請内容や、面談内容での注意点について考察してきましたがいかがだったでしょうか?

 

 

思っているよりも、自分が風俗嬢やキャバ嬢であることを手続き中に訊かれるようなことはありませんし、依頼時や申立書にも記入する必要はないことがわかりましたね。

 

 

案ずるより産むが易し、で、まずは、借金減額のために無料診断を受けることをオススメしています!

 

 

下にあるボタンから簡単に借金減額の無料診断の説明をさせていただいています。

 

 

今、借金問題で困っている人は無料診断を受けられてみてはどうでしょうか?


 

自己破産,風俗嬢,キャバ嬢