ホームレスやネットカフェ難民が借金を踏み倒す方法

ホームレスやネットカフェ難民が借金を踏み倒す方法

 

自己破産,借金の時効

夜逃げ同然で借金の取り立てから逃げ出した債務者の多くは、ネットカフェ難民となったり、ホームレス生活に転落したりしてしまいます。

 

このような債務者には、まともな働き口などありません。

 

身分証明の不要な日雇い労働くらいにしか就けないでしょう。

 

しかし実は、ネットカフェ難民やホームレス同然の暮らしを5年以上続けているような債務者の場合、債務整理や自己破産以外にも、借金を解決する方策が残されているのです。

 

それは、借金の時効を狙うという方法です。

 

借金に時効なんてあるの?と思う人もいるかもしれませんが、法律的にはあるんです!

 

この記事では、ネットカフェ難民やホームレス生活を送る債務者が、時効を使って借金を合法的に踏み倒す方法について詳しく考察していきます。

 

 

合法的に借金を踏み倒す方法とは?

どうにもならない借金を合法的に踏み倒す方法として、まず考えられるのは「自己破産」でしょう。

 

しかし中には、夜逃げなどで姿をくらまし、「借金の時効」を目指す人もいます。

 

商法522条には、「最後に返済した日から5年以上が経過した場合、原則として時効により、返済の必要がなくなる」といった旨が規定されているのです。

 

しかし、そんなに世の中甘いのでしょうか??

 

 

借金の時効を成立させるための方法

借金の時効問題には、一つ大きな落とし穴があります。

 

それは、最後に借金の返済を行った日から5年以上が経過しても、自動的に借金の時効が成立するわけでないという点です。

 

時効を成立させるためには、債権者に対して「消滅時効の援用」という通知を行わなくてはいけません。

 

つまり、債権者に「私は借金の時効を援用します!」と伝えなければいけないのです。

 

(「時効を援用する」=時効の制度を利用する意思を相手に伝えること)

 

トラブル防止のため、通知書の送付は内容証明郵便で行いましょう。

 

借金の時効を通知する「消滅時効の援用」のための書類は、郵便局の窓口で入手できます。

 

また、書き方も窓口で教えてもらえます。

 

しかし、借金の時効の通知が無効になってしまうケースもあるので注意してください。

 

時効が来る前に、

 

・債権者が裁判所を通して請求行為をした。

 

・債権者が裁判を起こした。

 

・債務者が借金していることを認めた。

 

といった場合には、時効の期間が中断されてしまいます。

 

よく覚えておきましょう。

 

 

現実的ではない、借金の時効による借金の踏み倒し。

借金の時効は自動的に成立するものではなく、大きな壁が立ちはだかっているものです。

 

特に債権者が銀行や大手消費者金融会社などの場合、借金の時効を成立させることは、至難の業だと覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

というのも、銀行や大手の貸金会社などは、債務者と貸金契約を結んでお金を貸す際に、必ず保証会社が貸金を保証している場合がほとんどだからです。

 

保証会社というのは、債権回収会社のようなもの。

 

つまり借金の回収に関して保証会社はプロ組織であり、そんなにたやすく借金の時効など許さないというわけです。

 

保証会社は、時効の成立を阻止するための、あらゆる手段をもちあわせています。

 

法律の素人である債務者がヘタに借金の時効を狙っても、差し押さえを食らうだけです。

 

 

まとめ

債権者から夜逃げ同然で逃げ出して、合法的に借金を踏み倒そうとしても、時効成立はまず無理だとわかりましたね。

 

このような徒労をするくらいなら、きちんと借金問題と向き合い、自己破産を検討すべきです。

 

 

 

既にあなたがネットカフェ難民だったとしても、債務整理を無料診断してくれるところはたくさんありますよ!


 
自己破産,借金の時効