免責が無効になる?危険かもしれない自己破産手続き中の浪費!!

自己破産の免責許可が無効になる?危険かもしれない自己破産手続き中の浪費!!

 

自己破産,浪費,無効

自己破産をして免責許可が得られれば、借金を無効にすることができます。

 

しかし、必ずしも免責許可が得られるとは限りません。

 

とりわけ、過度のキャッシングやカードによるショッピングなどの浪費を重ねてきた人の中には、「この浪費のせいで免責許可が受けられないのでは?後から無効にされるのでは?」と不安を感じている人もいることでしょう。

 

やはり、免責許可を受けるまでは大人しく暮らしていた方が良いのでしょうか?

 

また、後から浪費癖が発覚した場合、免責許可を無効にされてしまうことがあるのでしょうか?

 

今回は、自己破産手続き期間中の浪費行動で、免責許可が無効となってしまうのかについて、考察していきたいと思います。

 

 

裁判所が注視するポイントとは?

免責許可を無効にする事柄のことを、「免責不許可事由」といいます。

 

免責不許可事由に該当するものはたくさん存在しますが、そのうちのひとつに当てはまるのが、「過剰な浪費行為」です。

 

自己破産の手続き期間中、破産申し立て人に「過剰な浪費行為」が見られた場合は、免責不許可事由に該当する行為と見なされ、免責許可が無効化される可能性があります。

 

しかし、このとき裁判所が注視するポイントは、浪費行動そのものではありません。

 

問題となるのは、「これらの浪費行動が原因で借金をしてしまったか否か」なのです。

 

自分の収入の範囲内での浪費であれば、免責不許可事由には該当しません。

 

 

 

もっとも、自己破産手続き期間中は大人しく生活しておいた方が無難です。

 

しかし、神経質になりすぎる必要もありません。

 

 

自己破産申し立て後の収入は自由財産!

自己破産手続き開始決定後の期間に得た収入は、「新得財産」と呼ばれ、自由財産として見なされます。

 

自由財産とは、破産者でも自由に使う権利が認められている財産のこと。

 

つまり、自己破産手続き開始後に新しく得た財産は、その用途を制限されることはないということです。

 

よって、もし自己破産手続き開始後に債権者が返済を要求してきても、これらの自由財産をその資金にあてなければいけないという縛りもありません。

 

 

意外と認識されていない破産管財人の危険度!!

破産管財人の主な仕事は、破産申立人の財産(資産)を差し押さえて換価処分し、債権者に配当していくことです。

 

自己破産の申し立てによって、この破産管財人がついた場合は、浪費やギャンブルにかなり気をつける必要があります。

 

というのも、破産管財人は不意打ちで申立人の自宅を訪問したり、郵便物をチェックしたりといった神出鬼没な行動が許されているからです。

 

 

ですから、申立人の浪費行動がバレてしまう可能性も否定はできません。

 

破産管財人がつけられた場合は、浪費などは慎み、大人しく・慎ましく生活しておいた方が良いでしょう。

 

 

まとめ

自己破産手続き期間中であっても、その間に得た収入の範囲内での浪費であれば、免責不許可事由には該当しないことがわかりましたね。

 

また、自己破産の申し立て後に得た収入は自由財産となるため、債権者が返済を催促したり回収したりすることができません。

 

とはいえ、自己破産=借金の踏み倒しであることに変わりはありませんから、浪費などはせず、慎ましく生活していくのが人としての正しい道でしょう。


 
自己破産,浪費,無効