免責が無効になる?危険かもしれない自己破産手続き中の浪費!!

免責が無効になる?危険かもしれない自己破産手続き中の浪費!!

 

自己破産,浪費,無効

自己破産は、破産成立と同時に問題がなければ、免責許可を得られて、借金を無効にすることができます。

 

 

ですから、身動きが取れないほどの多大な借金を抱えている多重債務者は、自己破産という最終兵器とも呼べるカードを使って、債務の無効化を図るわけです。

 

 

しかし、いざ裁判所に自己破産を申し立てて、破産手続きが開始されても、その手続き期間中は、ちゃんと免責許可が得られるだろうか?

 

 

借金が無効になって借金地獄から無事解放されるのか?

 

 

気が気でなりませんよね?

 

 

手続き中は精神的にちょっとしたことでも心配事になったり、後ろ向きに考えたりしてしまいがちです。

 

 

とりわけ、過度のキャッシングやカードによるショッピングなどの浪費を重ねてきた人にとっては、「浪費行動のせいで、自己破産しても免責許可が受けられないのでは?後から無効にされるのでは?」と不安で仕方ないと思います。

 

 

このへんは気になりますよね。

 

 

また、自己破産手続きが開始され、免責許可を受けるまでの期間中は、浪費行動などは控えておとなしく暮らした方がやはり良いのでしょうか?

 

 

そして、もしも自己破産手続き期間中に、これらの浪費行動が裁判所に見つかれば、免責許可が無効になったり、自己破産宣告そのものも無効になったりするものなのでしょうか?

 

 

ここでは、以下にこういった自己破産手続き期間中の浪費行動などで、免責許可が無効となってしまうのか?という疑問を中心に考察を進めていきたいと思います。

 

 

 

裁判所が注視するポイントとは?

自己破産を申し立てて、自己破産手続きが開始され、プロセスが進んでいく中で、免責許可を裁判所が出せない理由というものが存在します。

 

 

それらの免責許可を無効にするものを「免責不許可事由」といいます。

 

 

免責許可を無効にする免責不許可事由はたくさん存在しますが、そのうちのひとつに「過剰な浪費行為」というものもあります。

 

 

もし、破産申立人が、自己破産の手続き期間中に裁判所に過度と見られる浪費行動が見つかってそれが問題視された場合には、免責不許可事由に該当する行為と見なされ、免責許可が無効化されるリスクもあるわけです。

 

 

ですが、この場合、裁判所が問題として注視しているポイントというのは、浪費行動そのものではありません。

 

 

問題となるのは、これらの浪費行動が原因で借金をしてしまったか?否か?です。

 

 

もしも、自分の収入の賄える範囲で浪費をしているのだとすれば、それらは浪費行動ではあっても、免責許可を無効化する免責不許可事由には該当しないのです。

 

 

ですから、一口に浪費行為がダメだというわけではなく、ケースバイケースで考えられる問題なので、そこまで神経質になる必要も無いでしょう。

 

 

自己破産手続き期間中はおとなしく生活しておいた方が良いことは前提の上の話です。

 

 

 

自己破産申し立て後の収入は自由財産!

自己破産,浪費,無効
いくら、自分の収入内で賄える浪費行動なら、免責を無効化する免責不許可事由には該当しないとはいっても、債権者は債務者のそんな浪費行動を見つければ面白くはないですよね?

 

 

そんな浪費するような余裕があるのなら、債権者に1円でも多く返済しろ!と訴えられるのではないか?という不安はあるのではないかと思います。

 

 

しかし、これに関しても心配する必要は無いでしょう。

 

 

その理由は、自己破産手続き開始決定後の期間に得た給料をはじめとする収入は、「新得財産」とよばれ、自由財産として見なされるからです。

 

 

自由財産をざっくり説明しますと、その字面の示す通り、破産者でも自由に使う権利が認められている財産という意味です。

 

 

要するに、自己破産手続き開始後に新たに得た収入による財産は、使用を制限される種類の財産ではないということなのです。

 

 

つまり、債権者が自己破産手続き開始後に、裁判所に返済を要求してきても、これらの自由財産を返済に充てる縛りはなく、免責が無効にされることもないということです。

 

 

 

意外と認識されていない破産管財人の危険度!!

まず大前提として知っておいてほしいのは、債務者が自己破産の申し立てを行っても、裁判所は、申立人の自己破産申し立て後のお金の使い道まで知る術は持たないということです。

 

 

自己破産の申し立てを行った申立人が、どのようにお金を使っているのか?浪費やギャンブルをしていないか?といった生活を監視するストーカーのようなことをやる暇は裁判所にはありません。

 

 

総論として言えば、裁判所から生活を監視されているわけではないので、申立人はそこまで浪費などを気にして生活することはないだろう、というのが結論です。

 

 

しかし、極めて特殊な各論としては、例外的なケースとリスクマネジメントも必要になることもあるようです。

 

 

それは、裁判所に選任された破産管財人がつくようなケースです。

 

 

破産管財人は、主に、破産申立人の財産(資産)を差し押さえて、換価処分し、債権者に配当していくのが仕事で、裁判所によって選任された弁護士がやることがほとんどです。

 

 

この破産管財人がついているケースにおいては、浪費やギャンブルはかなり気をつける必要があります。

 

 

というのも、破産管財人は、不意打ちで申立人の自宅を訪問したり、申立人の郵便物をチェックしたりといった神出鬼没な行動が許されているからです。

 

 

これらは、財務調査の一環として破産管財人には特権が与えられています。

 

 

こういった一連の財務調査行動の中で、確率は低いですが、申立人の浪費行動がバレてしまうリスクも無視はできません。

 

 

そうやって浪費が破産管財人に発覚した場合には、免責を無効にする免責不許可事由に該当すると見なされるかもしれません。

 

 

破産管財人がつけられるような自己破産案件の場合には、浪費などは慎み、殊更におとなしく慎ましく生活しておく方が良いでしょう。

 

 

 

まとめ

自己破産を申し立てた後の、自己破産手続き期間中に、浪費行動やギャンブルなどをした場合どうなるのか、といった疑問点を中心に考察を進めてきましたがいかがだったでしょうか?

 

 

一般的には、自己破産手続き期間中であっても、その間に得た給料などの収入の範囲内で賄える浪費であれば、浪費行動と見なされても免責を無効にする免責不許可事由には該当しないことがわかりましたね。

 

 

自己破産の申し立て後に得た収入も自由財産となるので、債権者が返済を催促したり回収したりすることもできません。

 

 

とはいえ、合法的にとはいっても借金の踏み倒し行為を行うわけですから、浪費などはせずおとなしく慎ましく生活していくのが人としての道だと思います。


 

自己破産,浪費,無効