弁護士や司法書士の無料相談はなぜ成立するのか?

弁護士や司法書士の無料診断はなぜ成立するのか?

 

自己破産,無料相談

多重債務などに陥り、借金がもはや自力では返済できなくなってきた場合の選択肢−。

 

 

この場合には、多重債務者が借金地獄の泥沼から脱出するためには、債務整理などの具体的な法的措置を採るより他ありません。

 

 

中でも、債務整理の最終手段と呼ばれ、成立すれば、合法的に借金を0にすることができる免責許可も受けることが可能になる自己破産を選択するのが、債務超過の悪循環に陥った多重債務者が取る方策としては最も有効です。

 

 

この自己破産を進めていくのは、債務者本人でも可能です。

 

 

しかし、現実問題として、法律的に素人である債務者自身が、いちいち法律的な知識が必要で非常に煩雑である自己破産の申し立て〜自己破産手続きの一切をやっていくのは大変です。

 

 

そこで、通常の多重債務者であれば、自己破産を、円滑に確実に、そして迅速に進めて免責許可を勝ち取ってくれる法律のプロである弁護士などに依頼するのが一般的です。

 

 

ですが、自己破産を選択するほど、借金地獄で切羽詰まった多重債務者が、弁護士に自己破産を依頼する場合には、大きな心配事もあります。

 

 

それは、お金の問題です。

 

 

自己破産を考えるほどですから、当然経済的には究極に困窮していて、余分なお金など1円もないのが普通でしょう。

 

 

そんな中で、借金を整理するため最終手段として自己破産を決意しても、弁護士に依頼する高額な弁護士費用や自己破産の際に裁判所等に支払わなければならない費用は用意できない債務者も多いのです。

 

 

そして、多重債務者の場合には、まずは、法律事務所に自己破産の相談にいくわけですが、この際の相談料も余裕がないために用意できない場合があります。

 

 

こういう困った時に、法律事務所のサイトなどを調べていると債務者の目に飛び込んでくるのが、「無料診断実施中!」「まずは、お気軽に無料診断を!」などという文言です。

 

 

この無料診断、多くの法律事務所の公式サイトなどでよく見ると思います。

 

 

お金に困っている多重債務者にとって、無料診断は本当に助かりますよね。

 

 

ですが、穿った見方をする債務者は、「無料診断とは怪しい。何か裏があるに違いないからやめておこう」とか用心深く二の足を踏む人がいるかもしれません。

 

 

しかし、安心してください。

 

 

この法律事務所が行っている無料診断というのは、何か詐欺的な裏があるわけでもなく、かといって慈善事業でやっているわけでもありません。

 

 

無料診断にはきちんとしたカラクリがあって、それが故に成立しているシステムです。

 

 

ここでは、以下において、自己破産を考えている多重債務者がまずは法律事務所の無料診断を受けた方が良いという観点から、少し掘り下げて、無料診断の仕組みなどについて考察していきたいと思います。

 

 

 

法テラスの民事法律扶助制度は弁護士や司法書士にもメリットがある?

自己破産,無料相談
自己破産を現実的に考えるほど、借金地獄で追い込まれている多重債務者の方々へ−。

 

 

法テラスという存在はご存知でしょうか?

 

 

法テラスというのは、正式には「日本司法支援センター」といって法務省管轄の国が設置している機関です。

 

 

その趣旨とは、経済的に困窮している一定基準以下の収入の人々でも、法律的サービスが十分受けられるように、といった救済措置です。

 

 

この法テラスを利用する最大のメリットに民事法律扶助制度というものがあります。

 

 

これは、どういったものかといえば、要するに、一定の所得に満たない経済的に苦しい人であれば、自己破産を弁護士に依頼した弁護士費用及び、自己破産の際に裁判所に支払う予納金に至るまで、法テラスが立て替えてくれるものです。

 

 

法テラスの「費用立替制度」とも呼ばれます。

 

 

この法テラスの立替制度のおかげで、経済的に困窮してまったく弁護士費用などを用意できないために、自己破産の申し立てに二の足を踏んでいた多重債務者も、自己破産を弁護士に依頼することができるわけです。

 

 

これらの立て替えてもらった費用というのは、自己破産が成立し、免責許可を受けた後、2ヶ月以上経過してから、法テラスに対して、毎月5000〜10000円程度という無理のない返済額で支払っていけば良いのです。

 

 

そして、この民事法律扶助制度の一環として、「法律相談支援」という制度もあります。

 

 

法律相談支援制度とは、法テラスにおいて受けることのできる無料診断のことです。

 

 

この無料診断は、債務者(相談者)にとっては、文字通り完全に無料であり、1円も支払う必要はありません。

 

 

またこの無料診断は、自己破産を弁護士に依頼する際に利用する弁護士費用などの費用立替制度とも違うので、返済する必要はありません。

 

 

そのため、この法テラスの無料診断を利用できるのは最大3回までとなっています。

 

 

生活も困窮して、経済的に追い込まれ1円の余裕もない多重債務者にとって、この法テラスの無料診断は非常に助かる制度ですよね。

 

 

 

無料診断は法テラスだけでなく、法テラスと契約している法律事務所ならどこでも受けられる!

これらの法律相談援助制度は、法テラスの相談センターでしか受けられないサービスではありません。

 

 

法テラスと法律扶助契約を結んでいる弁護士や司法書士の事務所であればどこでも、この法律相談援助における無料診断を受けることができます。

 

 

ですから、わざわざ法テラスまで足を運ばなくても、あなたのお気に入りの近所の法律事務所の弁護士さんなどが、法テラスと法律扶助契約を結んでさえいれば、この無料診断を利用することはできるわけです。

 

 

そして、まずたいていの弁護士の場合には、法テラスと法律扶助契約を結んでいます。

 

 

 

無料診断を行うと弁護士や司法書士は国から時給10800円をもらえるというシステム!

述べてきたように、法テラスと法律扶助契約を結んでいる弁護士や司法書士のいる法律事務所であれば、その事務所において法テラスの法律相談援助における無料診断を受けることが可能です。

 

 

で、この際に無料診断(法律相談援助)を行った弁護士や司法書士は、法テラスに申請書を送りつければ、法テラスから、この法律事務所に対して5400円の相談料が振り込まれるシステムになっています。

 

 

無料診断は、30分単位ですから、時給に換算すれば時給10800円の対価の支払いは受けているということになります。

 

 

法テラスが弁護士や司法書士が行った無料診断(法律相談支援)に対して支払う報酬は、国の税金から出ています。

 

 

つまり、無料診断は、相談者(債務者)にとっては文字通り無料ですが、弁護士や司法書士などのいる法律事務所にとっては無料サービスではなく、対価を受け取っているサービスということができます。

 

 

もっとも、この法テラスへの申請は、書類をいちいち作成したりせねばならず面倒で、費用対効果にも合わないので、法テラスに申請せず、純粋なサービスとして無料診断を行っている法律事務所も少なくないことは書き加えておきます。

 

 

 

まとめ

以上、自己破産を考えているけど、お金の余裕のない多重債務者でも利用できる法テラスの無料診断について考察してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

 

借金でクビの回らなくなった多重債務者にとっては、1日も早く自己破産などの現実的方策を取る必要があり、そのためにはまず法律のプロである弁護士などに相談すべきです。

 

 

ですが、お金がないためにこの段階で二の足を踏んでしまう債務者も多いことから、法テラスの法律相談援助(無料診断)の制度は非常に有意義な救済制度になっていると感じます。


 
自己破産,無料相談