自己破産で利用できる法テラスのメリットやデメリット、利用条件について

自己破産で利用できる法テラスのメリットやデメリット、利用条件について

 

自己破産,法テラス,利用条件

止む無い事情で多重債務に陥ってしまい借金でクビが回らなくなってしまった場合には、もはや自力で借金を返済していくことが難しくなってきます。

 

 

このような状況に陥ってしまうともう自力では月々の利息の返済すら困難になり、借金地獄に落ちてしまいます。

 

 

そういう段階まで来ると、債務整理などの実際的な法的な措置を講じなければ、現状の借金地獄から逃れる術はなくなります。

 

 

中でも、このような多重債務者は、債務整理の最終手段と呼ばれる自己破産を選択するのがベストです。

 

 

自己破産は、自己破産宣告を受けると、同時に合法的に借金を0にできる免責許可を受けることができるからです。

 

 

ですが、自己破産を裁判所に申し立てて、自己破産の手続きを法律の素人である債務者自身で行っていくのはなかなか困難です。

 

 

ですから、普通は、自己破産を法律のプロである弁護士に依頼することがほとんどです。

 

 

とはいえ、実際に自己破産を考えるほどの多重債務者は経済的な余裕など微塵もない人がほとんどです。

 

 

自己破産を弁護士に依頼した場合、そのかかる弁護士費用は、40〜60万円が相場となっています。

 

 

これらの高額な費用を生活にも窮しているような多重債務者が用意できるわけもありません。

 

 

では、どうすれば良いのでしょうか??

 

 

このようなお金の無い多重債務者にとって救世主となるのが、法テラスです。

 

 

法テラスというのは、国(法務省)の設置した機関で、正式な名称を「日本司法支援センター」といいます。

 

 

法テラスは、お金の無い人たちでも、法律的支援を受けられるように設置された、貧乏人の味方の機関です。

 

 

以下に、自己破産を弁護士に依頼することを考えている多重債務者が弁護士費用等お金が用意できない場合法テラスを利用した方が良いことや、その法テラスの利用条件やメリットやデメリットについても考察していきたいと思います。

 

 

 

法テラスの利用条件について

法テラスはその設置理由が、経済的に困窮した人でも、法律的なサービスを受けられるようにという、救済措置的なものです。

 

 

ですから、自己破産を弁護士に依頼したいけど、少しでも費用を安く上げたいから、といった理由で、誰でもが法テラスを利用できるわけではありません。

 

 

法テラスを利用するには、利用条件に合致していなければ利用不可能です。

 

 

基本的に、法テラスは経済的に困窮している人たちのために門戸を開放しているために、その利用条件とは、主に収入要件と資産要件の規定が主なものです。

 

 

もっと具体的に、法テラスの利用条件を細かく見ていけば、まずはじめの利用条件としては、「収入などが、定められた収入要件と資産要件の規定額以下に収まっている」利用条件に合致していること。

 

 

次の法テラスの利用条件としては、「和解や調停や示談を含み、勝訴の見込みがないとはいえない」利用条件に合致していること。

 

 

3つ目の法テラスの利用条件としては、「民事法律扶助の趣旨に適している」利用条件に合致していること。

 

 

これらの利用条件に適う場合のみ、法テラスの利用が可能になります。

 

 

ですから、債務者でもそう深刻な経済状況でなかったり、収入が多かったり資産があったりして、利用条件を満たしていない人の場合には、自己破産の依頼を法テラスにしても、利用条件の審査ではねられて利用できないケースもあります。

 

 

 

法テラスのメリットについて

ここでは、利用条件に合致している多重債務者が、法テラスに自己破産を依頼する場合のメリットを考えていきたいと思います。

 

 

分割で支払える費用立替制度が利用できる。

利用条件に合致している多重債務者が、法テラスに自己破産を依頼する場合における最大のメリットと言ってもいいのが、「費用立替制度」でしょう。

 

 

これは、民事法律扶助制度によって、利用条件に合致している多重債務者が、法テラスに自己破産の依頼を行うと、その弁護士費用を立て替えてもらえる、という制度です。

 

 

自己破産を現実的に考えなければならないほどの利用条件に合致している多重債務者にとって、これは非常に助かる制度であり、その返済も自己破産が成立後に、分割で毎月5000〜10000円という無理のない支払額で返済していけば良いというものです。

 

 

 

弁護士費用そのものがだいぶ安くなる。

利用条件に合致している多重債務者が、法テラスに自己破産を依頼する場合の次なるメリットは?

 

 

自己破産にかかる費用そのものが大幅に安くなる、というメリットです。

 

 

利用条件に合致している多重債務者が法テラスを利用する場合の、一般の弁護士事務所の相場と比較すれば、全然費用が安くなります。

 

 

自己破産の場合、最低でも、約10万円程度は法テラスの方が安くなります。

 

 

償還金の免除・猶予の制度がある。

利用条件に合致している多重債務者が、法テラスに自己破産を依頼する際の3つ目の大きなメリットとして挙げられるのは?

 

 

償還金の猶予、及び免除の制度があることです。

 

 

これは、利用条件に合致している多重債務者が、自己破産を法テラスに依頼する際に、民事法律扶助制度を利用した場合には、原則的に立て替え金の償還が必要になってきます。

 

 

でも、手続き後に利用条件に合致している多重債務者が、諸事情で、返済が苦しくなる場合があります。

 

 

このようなケースにおいては、事情を法テラスに説明すれば、償還を猶予してもらえたり、中には、償還を免除してもらうことができたりもします。

 

 

生活保護受給者は償還が不要になる。

利用条件に合致している多重債務者が、法テラスに自己破産を依頼する場合の次なるメリットとしては?

 

 

利用条件に合致している多重債務者が生活保護受給者の場合には、償還金の返済が不要になるという点です。

 

 

これは、利用条件に合致している多重債務者が、自己破産を法テラスに依頼して、その進行途中で、生活保護を受給するようになった場合にも同様です。

 

 

 

法テラスのデメリットについて

次に、利用条件に合致している多重債務者が、自己破産を法テラスに依頼する際の、デメリットについて考えていきたいと思います。

 

 

1.資力要件がある。

自己破産を、法テラスに依頼すれば、誰でも法テラスを利用できるわけではありません。

 

 

法テラスにおける民事法律扶助制度は、もともとお金のない人々のために設けられた制度です。

 

 

上記の利用条件に合致しなければ法テラスの利用はできません。

 

 

利用条件に合致し、利用が認められるためには、収入や財産が定められた一定額以下であることが絶対条件となります。

 

 

これを資力要件と言い、この利用条件を満たさない人にとっては、法テラスに自己破産を依頼しても無駄足となりデメリットになります。

 

 

2.利用条件の審査に時間がかかってしまう。

法テラスの次のデメリットとしては、上の法テラスを利用できるかどうかという利用条件の審査に時間がかかるという点です。

 

 

一般的に、自己破産の申請をするような債務者は、債権者からの取り立てや督促に追い立てられている場合が多く、一刻を争う場合が多いです。

 

 

このような債務者でも、法テラスに自己破産を依頼すると、その利用条件の審査に約2週間ほどもかかってしまうのです。

 

 

この審査機関には、弁護士の介入は許されていないので、債権者の取り立ては途絶えることが無く、債務者にとっては大きなデメリットとなります。

 

 

3.弁護士を選べないという点。

3つ目のデメリットとしては、法テラスに自己破産を依頼した場合に、自分のお気に入りの弁護士は選べない、という点です。

 

 

通常、一般的な法律事務所で自己破産を依頼する場合には、自分の好きな弁護士、頼みたい弁護士を選ぶことができます。

 

 

しかし、法テラスに自己破産を依頼すると、法テラスは、登録された中から紹介する弁護士を選任するだけなので、必ずしも依頼者の気に入る弁護士に当たるとは限りません。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

 

法テラスは、お金の無い多重債務者には大きな助けとなる救済システムですが、それなりにデメリットもあるということはおわかりいただけたと思います。

 

 

要は、メリットとデメリットをよくよく自分に照らし合わせてみて、利用を考えることです。

 


 
自己破産,法テラス,利用条件