弁護士、司法書士の自己破産の費用を値下げしてもらう裏ワザ

弁護士、司法書士の自己破産の費用を値下げしてもらう裏ワザ

 

自己破産,値下げ,裏ワザ

生活苦などの事情から、アチコチに借金を作ってしまい、それが遂には限度額一杯まで膨らんで、債務超過に陥ってしまう人は後を絶ちません。

 

 

このような借金地獄の状態に陥ると、ひたすら悪循環となり、自力で借金を返済していくことはとても困難になってきます。

 

 

借金地獄の泥沼から脱出するための現実的な方策としては、債務整理を行うより他はありません。

 

 

中でもとりわけ、借金を合法的にチャラにできる免責許可を受けることのできる債務整理の最終手段とも呼ばれる自己破産が、最も有効な手段だと思われます。

 

 

自己破産をするには、まず管轄の地方裁判所に自己破産の申し立てを行います。

 

 

その後で、自己破産手続きに移っていき、問題なく終結すれば、自己破産宣告を受けて、免責許可も受けられる運びとなります。

 

 

流れは上記の通りなのですが、この自己破産、債務者本人がやってやれないことはないのですが、法律の素人にとっては、実に大変です。

 

 

自己破産の申し立てからして、破産申立書の煩雑な作成と、必要添付書類を全部集めて用意しなければならないわけで、これだけも膨大な時間と労力を取られます。

 

 

その上、実際に自己破産の手続きに移れば、裁判所との緊密なやり取りや交渉、その都度の必要書類の提示など、とてつもなく煩雑であり、おまけに法律的な知識がいちいち必要となります。

 

 

しかも、このように苦労して膨大な時間と労力をかけてやっと自己破産の手続きが終結したのに、自己破産宣告だけ受けて、肝心の免責許可決定を受けることができなかったなんて洒落にならないケースも多いのです。

 

 

ですから、通常、多重債務者で自己破産を考える場合には、法律の専門家である弁護士に自己破産を依頼するのが一般的となっています。

 

 

しかし、その場合に最大の問題があります。

 

 

自己破産にかかる弁護士費用等のお金の問題です。

 

 

そもそも、自己破産を検討するほどの生活に窮した多重債務者に、余分なお金などあるわけもなく、自己破産にかかる費用を考えて二の足を踏んでしまう人も多いくらいです。

 

 

弁護士に自己破産を依頼すると、一般的な相場の費用としては、40〜50万円は支払う必要があるそうです。

 

 

これは、借金地獄で苦しんでいる多重債務者にはすぐに用意できるような金額ではありませんよね。

 

 

なんとか、この自己破産にかかる弁護士費用を値下げできるような裏ワザは無いものでしょうか??

 

 

実は、簡単に弁護士費用を値下げできる裏ワザはあります。

 

 

ここでは以下に、多重債務者が自己破産を法律事務所に依頼する際に、弁護士費用などの報酬を値下げできる裏ワザについて具体的に掘り下げて考察していきたいと思います。

 

 

 

とても簡単で強烈な値下げテクニック!

多重債務に苦しんで、もはや借金で身動きが取れなくなっている人が、その借金問題を解決するには最終手段として、自己破産を弁護士や司法書士に依頼して進めていくしか手段はありません。

 

 

しかし、弁護士に支払う高額な報酬等の弁護士費用を用意できるわけもなく、なんとか費用を値下げできる裏ワザはないものか?模索するのが普通だと思います。

 

 

実は、この自己破産を相談しに法律事務所に赴いた際に、簡単に弁護士費用等を値下げできる裏ワザがあるのです。

 

 

それは、「自己破産にかかる費用の支払いは、法テラスの民事法律扶助制度を利用したいと思います」と告げることです。

 

 

これが弁護士費用をはじめ自己破産にかかる費用を大きく値下げできる必殺の裏ワザとなります。

 

 

何故「自己破産にかかる費用の支払いは、法テラスの民事法律扶助を利用」ということが、費用値下げの裏ワザになるのか?

 

 

まず法テラスというのは、国が設置している機関である、正式には、日本司法支援センターといいます。

 

 

この法テラスの民事法律扶助制度とは、一定の収入を超えない生活に困窮している人でも、弁護士や司法書士の法律的サービスを受けることができ、その費用を立て替えてもらえるという制度です。

 

 

ではなぜ、自己破産を弁護士に依頼する場合に、この法テラスの民事法律扶助制度を利用したいと申請すれば費用の値下げの裏ワザになるのか?という説明は以下で行っていきたいと思います。

 

 

 

近所の法律事務所でも受けられる法テラスの民事法律扶助制度

この自己破産を弁護士に依頼する際に費用を値下げさせる裏ワザである「民事法律扶助制度の利用」は実は、法テラスに行かなくても受けられるのです。

 

 

この自己破産に際した弁護士費用の値下げの裏ワザ、必殺技である、「民事法律扶助制度の利用」を申請するのに、ほとんどの人は、法テラスに直接無料診断に行かなければならないと考えているようです。

 

 

しかし、この値下げの裏ワザ、法テラスに直接行かなくても申請して進めていくことができるのです。

 

 

自己破産にかかる弁護士費用の値下げの裏ワザを使うやり方は簡単、自分が依頼したいと思う近所の弁護士に無料診断を受けにいった際に、「法テラスの民事法律扶助を利用したい」と申請すればいいのです。

 

 

どうしてこれだけで、弁護士費用の値下げの裏ワザである法テラスの法律扶助を受けることが可能になるのかと言えば、この弁護士がほぼすべて「相談登録弁護士」であるからです。

 

 

このような無料診断を自分の事務所で行っている弁護士は「相談登録弁護士」であり、法テラスとは民事法律扶助の契約をしていて、自分の事務所でもこの費用値下げの裏ワザである法テラスの法律扶助制度の利用を受け付けて良いことになっているからです。

 

 

ですから、債務者が自己破産を考えている場合には、まず近所の相談登録弁護士の事務所の無料診断を受けて、その席で、弁護士費用の値下げの裏ワザである法テラスの民事法律扶助制度を利用したいと申し出れば良いわけです。

 

 

 

収入制限に引っかからなければ誰でも使える値下げの裏ワザ!

自己破産,値下げ,裏ワザ
自己破産を弁護士に依頼する際の、弁護士費用の値下げのための裏ワザである法テラスの民事法律扶助制度を利用するには収入制限の基準をクリアしている必要があります。

 

 

その収入基準は、単身者や世帯の人数でも違ってくるのでここでは詳しくは挙げません。

 

 

法テラスのサイト等を見れば詳しく載っていてすぐに調べることは可能ですので、そちらを参照してください。

 

 

そうした上で、この収入規制もクリアしていて、弁護士費用を値下げできる裏ワザである法テラスの法律扶助制度が利用できる債務者にもかからず、相談先の弁護士が「あなたは法テラスの収入規制に引っかかるので民事扶助の立替制度を利用するのは難しい」などと渋ってくるケースがあります。

 

 

こういわれた場合には、直ちにその弁護士のいる法律事務所に依頼することは中止しましょう。

 

 

また、相談登録弁護士であるにもかかわらず、あなたが弁護士費用値下げの裏ワザである法テラスの法律扶助制度の利用を申し立てたときに、「ウチではできません」などと断って、値下げの裏ワザを使えなくして別の料金プランを進めてくる法律事務所−。

 

 

こういった弁護士の場合にも直ちに切って他の事務所を当たってください。

 

 

このような弁護士や法律事務所は、間違いなく金儲け主義、ぼったくり主義の悪徳弁護士事務所だからです。

 

 

基本、収入規制に引っかかっていなければ、自己破産の際にかかる弁護士費用値下げの裏ワザである法テラスの法律扶助制度は、どこの法律事務所でも申請は可能です。

 

 

 

まとめ

自己破産を考えなければならないほどの多重債務者は、経済的にも切迫し余分なお金など1円もないわけです。

 

 

そんな時ですから、自己破産にかかる弁護士費用等の費用は、裏ワザを使ってでも、できるだけ値下げして何とか弁護士にうまく自己破産を進めてもらいたいと願うのは普通です。

 

 

そんな費用の値下げの裏ワザとして最も有効なのが、法テラスの民事法律扶助を利用して立替制度を使うということなのはご理解いただけたと思います。

 

 

お金の無い多重債務者にとっては、自己破産を依頼する弁護士費用なんてできるだけ値下げできるに越したことはありません。

 

 

そのための値下げの裏ワザに法テラスの法律扶助制度を利用することは、今貧者にできる最大の裏ワザ駆使とも言えます。

 

 

逆に言えば、経済的に困窮している相談者(債務者)に対して、必殺ともいえる、弁護士費用の値下げの裏ワザである法テラスの法律扶助制度の利用を阻んだり、この値下げの裏ワザを封じたりしようとする弁護士や司法書士は確実に悪徳だということです。

 

 

本来、良心的な弁護士であれば、経済的に困窮した依頼者に対しては、「実は、こんな費用値下げの裏ワザもあるんですよ」と向こうから教えてくるのが道理でしょうから。

 


 
自己破産,値下げ,裏ワザ