自己破産費用を抑えるために無料相談できる法律事務所

自己破産費用を抑えるために無料診断できる法律事務所

 

自己破産,無料相談,費用

生活苦などから、あちこちに借金を重ねるようになり、やがてそれらが積もり積もって債務超過となってしまう場合、もはや月々の支払いもままならなくなるため、借金地獄に陥ってしまいます。

 

 

いわゆる、多重債務者というやつです。

 

 

こうなると、その泥沼から脱出するためには、債務整理の最終手段である自己破産をするのが最も妥当な策であると一般的には言えるでしょう。

 

 

自己破産は、債務者が済んでいる管轄の地方裁判所に、申請手続きを行います。

 

 

裁判所は申請に従い、面談や調査を行い、問題が無ければ、免責許可決定を下します。

 

 

免責許可というのは、ざっくり言えば、基本すべての債務(借金)の返済義務を免除する、つまり、借金を合法的にチャラにして良いという救済措置です。

 

 

ただ、裁判所の審査は年々厳しくなってきていますので、ただ単に申請書類を集めるばかりではなく、債務者が如何に困窮して、自己破産以外に方法が無い、ということを客観的に訴える必要性があります。

 

 

そのような意味からも、法律の素人である債務者だけで自己破産を決意して、裁判所に申請をを行うことは早計な行動と言えます。

 

 

客観的に調べると、債務者の中には、そもそも自己破産する必要の無い人もかなりの割合で含まれているからです。

 

 

多重債務に陥っている債務者は、まずは、法律のプロである弁護士や司法書士に無料診断を受けるべきでしょう。

 

 

この無料診断で借金問題に関する話を率直にし、債務整理の中で何をした方が良いのか?否か?を具体的に判断してもらい、自己破産が良いという結論になれば、そのまま弁護士等に、依頼するのが最善でしょう。

 

 

無料診断は当然費用はかかりませんが、弁護士に依頼すれば申請手続きをすれば、費用はかかります。

 

 

費用の支払い方法は各事務所によって応相談で、便宜をはかってくれる法律事務所も多いので、無料診断の時にぶっちゃけて費用のことは詳しくきいておくと良いでしょう。

 

 

さて、無料診断を受ける法律事務所についてですが、債務整理自体にしっかりとした経験と実績のある事務所をネットなどで調べておくべきです。

 

 

更に、過払い金請求時などのかかる費用、手数料などが安いところもポイントでしょう。

 

 

まずは、無料診断窓口を設けているか?否か?というところがポイントになるので、ネットなどで詳細に調査してみましょう。

 

 

最近では無料診断は当たり前になってきていますので、比較的カンタンに無料診断窓口を設置している事務所なども多数見受けられます。

 

 

ここでは、以下で多重債務に陥った債務者が、どうやって無料診断を受けて、費用も低く抑えてつつ、自己破産の申請手続きを弁護士に依頼すれば良いか、などを中心に考察していきたいと思います。

 

 

 

自己破産で必要な2種類の費用

多重債務の借金地獄から脱するため、また、その後の人生の再生、生活の再建のために自己破産を決意したとしても、申請時に費用は必要となってきます。

 

 

ざっくり言えば、自己破産に関して、必要となる費用は2種類あります。

 

 

自己破産の申請手続きのために裁判所にかかる費用と、弁護士にかかる費用です。

 

 

原則的には、自分である程度調べたうえで、自分で裁判所に自己破産を申請ることも可能です。

 

 

しかし、これは現実的な方策ではありませんし、絶対に免責許可決定が確実でもなく、費用を浮かすためだけというにはあまりに無駄の多いやり方です。

 

 

費用はかかるとしても、自己破産の申請から手続きに至るまで、法律の専門家である弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。

 

 

自己破産の申請で、裁判所にかかる費用について

裁判所にかかる費用としては、裁判所に納める予納金があります。

 

 

裁判所に支払う予納金は、一律に金額が決まっているわけではありません。

 

 

自己破産を申請した人が、同時廃止事件の場合、少額管財事件の場合、管財事件の場合でそれぞれかかる費用は異なってきます。

 

 

裁判所によって多少の差異はありますが、だいたい目安として予納金としてかかる費用は、同時廃止で1万円程度、管財事件で最低50万円〜といったところが相場です。

 

 

自己破産の申請で弁護士にかかる費用

法律事務所に無料診断に行き、実際に弁護士に依頼する場合の費用は、弁護士と依頼者の合意によって取り決められる費用の額となります。

 

 

とはいえ、自己破産の手続きは、裁判所への申請も必要なために、非常に手間も時間も要するために、それなりに弁護士費用も高額な場合が多いです。

 

 

自己破産における弁護士費用は、ケースによって差はあるものの、だいたい20万円〜50万円というレンジが費用の相場だと思っておけばよいでしょう。

 

 

とはいえ、弁護士費用というのは決まっているものではないので、法律事務所によって大きく異なります。

 

 

一昔前までは、弁護士報酬というものが法律で決まっていましたので、ある程度安心して弁護士に法律事務を依頼できたのですが、近年、弁護士報酬が自由化されたことで、弁護士個々によって報酬は自由に設定できるようになりました。

 

 

いくら無料診断が出来ても、報酬が高額なところも存在しますので、注意が必要です!!

 

 

ただ、報酬が高いには高いなりにその他で他所を圧倒する何かを持っている可能性もあります!

 

 

そこら辺は無料診断などで詳しく確認する必要があるでしょう。

 

 

まずは無料診断を受けて、費用や、対応内容など、ある程度明確に回答を得ておくことが重要です。

 

 

 

自己破産には無料診断でまずは準備を知ろう!

自己破産,無料相談,費用
自己破産を行おうとしている人は、基本的にお金が無くて自己破産を選択しているわけですから、弁護士に支払う費用の余裕もない場合がほとんどだと思います。

 

 

そして、たいていの場合には親兄弟や親類縁者もしくは友人知人などに、申請費用を援助してもらって、手続きを行っていきます。

 

 

しかし、いくら費用が安く抑えられるといっても、自力で自己破産を行うのは困難であり、リスクも高いです。

 

 

そこで、法律事務所の無料診断を利用して、自己破産を考えている旨を弁護士に相談しましょう。

 

 

最近では、この無料診断を行っている弁護士事務所も多く、また着手金なしで、報酬は分割払いという費用がリーズナブルな事務所も増えています。

 

 

無料診断を行っている法律事務所は、いきなり弁護士が話を聞くことになるとは限りません。

 

 

しかし、無料診断で適切な方針や、費用を知ることができれば、そのまま依頼し、弁護士に頼むことができます。

 

 

無料診断を行っている事務所は、基本的に債務整理に慣れている事務所が多いので、申請に必要な書類なども詳しく教えてくれます。

 

 

このように無料診断を上手に利用して、申請手続きに必要なものを聞き出しておくことも重要です。

 

 

 

まとめ

自己破産をするには、裁判所にかかる費用と弁護士にかかる費用というかなりの高額な費用がかかってきます。

 

 

最初にざっくりとトータルでどれくらいの費用がかかるのか、また、細目としてどのような費用がそれぞれかかるのか、などを知っておくことは非常に大事です。

 

 

そのために、自己破産を思い立った時点でまず法律事務所の無料診断を受けて、その方針と費用を出来る限り明確に弁護士に教えてもらうことが必要でしょう。

 

 

無料診断はそのためにあると思っていいです。

 

 

無料診断を2、3か所受けてから、しっかりと方針を立てて、どれぐらい費用がかかるか把握しておいて、専門家に依頼をしましょう!

 

 

以下では、無料診断できる法律事務所での注意すべき5つのポイントをまとめていましたので、参考にしてみてください。

 

自己破産,無料相談,費用

 

無料診断できる法律事務所の5つのポイント

1.無料診断が必ず受けられること

今では当たり前になってきた「無料診断」ですが、中には高額な請求が後からされたなどトラブルも発生しています。

 

 

注意して確認しておかないといけないのが、債務整理を依頼することを前提とした条件で、無料診断を行っていることろがあります。

 

 

無料診断を受けるということは、借金に困って債務整理を行うことを前提にして相談をするのですが、依頼することを前提に無料診断としているところもあるので、注意してください。

 

 

債務者にしてみると、いろんなところに無料診断してみてから決めたいものですよね?

 

 

無料診断を予約する時に、電話などでもし依頼しなかった場合に一切費用がかからないことも注意して確認することが大事です。

 

 

2.着手金が必要ないこと

無料診断と混同することもありますが、債務整理の場合は、「着手金」が必要ないところもあります。

 

 

気をつけておいたほうがいいのが、着手金いらないからといっても、無料診断後に正式に依頼をして途中で不満が溜まって、依頼を破棄したとしても、費用が発生する可能性もあるので注意が必要です。

 

 

あくまで「着手金」が無料なだけで、最低限申請に必要な実費や、人件費が必要なことは把握しておきましょう!

 

 

 

3.料金が明確に表示されていること

もともとお金に困っているから自己破産するので、申請を全て依頼するのにかかる費用を明確にしておくことは必要です。

 

 

かつ良心的であれば、なおさら信頼できる法律事務所では無いでしょうか。

 

 

ホームページ上でも料金を表示しているところはありますが、債務整理の場合、いろいろな手続がありますのでどうしても細かい料金設定が必要なこともあります。

 

 

料金に関して、申請を依頼した場合の総費用は確認しておくことが必要です。

 

 

料金を明確にしてもらえないところは、後で高額請求される可能性もあるので、避けた方が無難かもしれません。

 

 

4.料金の分割払いができること

お金に困っていて、自己破産をするわけですから料金の分割払いはありがたいサービスです。

 

 

まあ、ホームページ上で分割払いOKと宣伝しているところも増えてきていますが、ホームページで記載がなくても無料診断で出来ないか聞いてみるのもアリではないでしょうか。

 

 

5.弁護士会や、司法書士会に登録番号があること

こういった登録番号がないところは、悪徳業者の可能性もありますので、注意が必要です。

 

 

登録番号が入っていないところであれば、法的に違反している可能性もある事務所なので避けたほうが無難です。

 

 

『〇〇弁護士会所属 登録番号:第〇〇〇〇〇〇号』みたいな感じで掲載されています。

 


 
自己破産,無料相談,費用