自己破産者のオートローンはどうなるのか?ローン審査の仕組みを詳しく説明。

自己破産者のオートローンはどうなるのか?ローン審査の仕組みを詳しく説明。

 

自己破産,オートローン

自動車やバイクを購入する際、オートローンを組む人が大半ではないでしょうか?

 

オートローンは、ローン会社が購入者に代わって車の代金を立替払え、購入者はローン会社に毎月少しずつ代金を返済していく、というシステムです。

 

さて、このオートローンを組むためには審査が必要になるのですが、自己破産者の場合は自己破産後にすぐローンを組むことが出来るのでしょうか?

 

答えはNOです。

 

残念ながら、自己破産者はすぐにオートローンを組むことが出来ません…。

 

なぜなら、社会的信用を失っているからです。

 

では、自己破産者はこの先も一生、オートローンを組むことが出来ないのでしょうか?

 

⇒匿名・無料で借金診断できるのはご存知ですか?

 

自己破産者でも一定期間が空けば、オートローンを組むことは充分可能!

社会的信用を失っている自己破産者は、一定期間オートローンを組むことが出来ません。

 

その理由は、信用情報機関である(株)CICのデータベースに、「事故者」という信用情報が保存されてしまうから。

 

信用情報とは「自己破産者と金融機関との取引の履歴」のことを指します。

 

日本の信用情報機関は、次の3つです。

 

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

銀行及び銀行関連クレジットカード会社、信用組合、農協などが加盟している信用情報機関です。

 

株式会社CIC

主にクレジットカード会社が加盟している信用情報機関です。

 

JICC

主に消費者金融系の会社が加盟している信用情報機関です。

 

日本の金融取引(キャッシング、クレジットカード、各種ローン全て)では、この3つの機関のいずれか、または複数の機関に加盟している会社と取引を行います。

 

機関に加盟しているローン会社などは、その情報を閲覧することが可能です。

 

つまり、「事故情報」が残っている内は、オートローンを組みたいと思っても、ローン審査で落とされてしまう可能性がかな高いということ。

 

では、この「事故情報」がデータベースから抹消されるのはいつなのでしょうか?

 

全国銀行個人信用情報センター(KSC)では、最低10年間、CICとJICCでは5年間、「事故情報」が残ります。

 

このように、各機関とも数年間は「事故情報」を保存しているので、自己破産をしたら最低5年間は車のローンを組むことができない、と考えたほうが良いでしょう。

 

⇒匿名・無料で借金診断できるのはご存知ですか?

 

事故情報が削除されてすぐにオートローンではなく、『小さなことからコツコツと!』

自己破産から5年が経過すれば、CICやJICCの事故情報は削除されます。

 

しかし、この段階では、あなたの信用情報は真っ白な「スーパーホワイト」という状態になっているのです。

 

スーパーホワイトのままでは、元事故者だとすぐにわかってしまいます。

 

ですから、オートローンなどの高額なローン審査ではほぼ落とされてしまうでしょう!

 

では、どうすれば良いのでしょうか?

 

その答えは、「小さな支払いからコツコツと信用情報を作っていく」のが一番です。

 

例えば、公共料金や携帯電話料金を、新しく作ったクレジットカードで支払い続けることで、信用情報がどんどん積み上がっていきます。

 

自己破産者でも5年以上が経過していれば、携帯電話やスマホの分割払い契約は普通にできますし、新しいクレジットカードやETCカードを作成している人も多いようです。

 

とはいえ、カードが作れた=オートローンに通る、とは安直に考えない方が良いでしょう!

 

携帯やスマホ、ETCカードの支払いを定期的に続けていても、その総額はせいぜい数万円程度。

 

支払総額が数十万〜数百万にもなるオートローンとは、文字通り桁もレベルも違うのです!

 

確かに、自己破産者でも5年以上経過すれば、携帯やスマホの分割払いが出来るようにはなります。

 

しかし、自動車購入のような高額ローン審査が通るとは考えない方が良いでしょう。

 

信用情報は、コツコツと最低2年間は積み上げ続けるべきです。

 

ちなみにこれは、今まで分割払いをしたことがない人や、1度もクレジットカードを作ったことがない人(=信用情報の積み立てをしたことがない人)にも同じことが言えるので注意してください。

 

⇒匿名・無料で借金診断できるのはご存知ですか?

 

自己破産者が7年後にオートローンを申込みする際に避けるべきポイント

自己破産から7年。小さいながらも、ようやく信用情報が積み上がりました。

 

いざオートローンの申し込みへ!…といきたいところですが、ここで注意すべきことがあります。

 

それは、自己破産者が債務放棄(免責)した相手(債権者)に、その系列のローン会社が入っていた場合、ローン審査は永久に通らない、ということです。

 

借金を踏み倒された側は、あなたのことを「永久ブラックリスト」として扱います。

 

オートローンの申し込みは、「過去に迷惑をかけていないローン会社」を選んでください。

 

⇒匿名・無料で借金診断できるのはご存知ですか?

 

まとめ

自己破産後は、まず信用情報がスーパーホワイトになる5年後を待ちましょう。

 

そして、そこから2年間は、小さなことからコツコツと信用情報を重ねていくべきです。

 

現在、借金で悩まれているのであれば、まずは借金減額診断を受けられることをオススメします。

 

下にある【無料診断はこちら】ボタンから、無料で、しかも匿名で借金の無料診断が行える説明をしております。

 

いつ無料診断が終了されるかもわからないので、早めに無料診断を試されてはどうでしょうか?


 
自己破産,オートローン