自己破産手続き前の事前準備!銀行預金は引き出しておけ!

自己破産手続き前の事前準備!銀行預金は引き出しておけ!

 

自己破産,銀行口座,口座凍結,カードローン

債務超過で切羽詰まった状態になってしまった場合、借金を0にすることができる「自己破産」という選択が最も現実的です。

 

しかし自己破産の申し立てを行うと、銀行の預金が引き出せなくなってしまったり、給料の振込・光熱費等の引き落としもできなくなってしまう、などという噂を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

 

これらは本当なのでしょうか??

 

ここでは、自己破産したら銀行口座はどうなるのか、自己破産と銀行取引の関係性について考察していきます。

 

 

自己破産申請によって、口座が凍結される銀行とは!?

自己破産の申し立てを弁護士等に依頼して行った場合。

 

まず、あなたが借金をしているすべての債権者(金融機関や貸金業者など)に対して、弁護士が受任通知を発送します。

 

すると、債権者はあなた(債務者)に対して、借金の取り立てや督促行為が出来なくなるのです。

 

しかしホッとしてはいられません。

 

債権者の中に、銀行が入っている場合は注意が必要です。

 

銀行は受任通知を受け取ると、残っている借金を少しでも相殺するため、ただちにあなたの銀行口座を凍結してしまいます。

 

つまり、あなたはその預金口座を一切利用できなくなってしまうのです。

 

預金の払い戻しはもちろん、光熱費等の自動引き落としなども全て不可能に。

 

ですから、受任通知を発送する前の段階で、銀行口座の残金を確認しておきましょう。

 

なお、借り入れをしていない(借金の無い)銀行の預金口座は凍結はされません。

 

自己破産の申し立て後も問題なく利用することが可能です。

 

 

保証会社の代位弁済によって口座凍結も解除される

借り入れ(借金)をしている銀行の口座は、受任通知を送付した段階で口座凍結されるのが基本です。

 

しかし、破産手続きが終わって免責許可決定を受ける前に、凍結を解除されるケースもあります。

 

それがが、「保証会社による代位弁済」です。

 

多くの場合、あなたが銀行からお金を借りるとき、銀行の系列会社や消費者金融などが保証会社として契約を結んでいます。

 

これらの会社と銀行は、「銀行が貸し付けたお金を回収できなくなった場合、保証会社がその分を補填する」といった保証契約を交わしているのです。

 

つまり、保証会社があなたの借金を肩代わりして、銀行へ返済してくれるということ。

 

こうすることで、あなたの銀行に対する借金はゼロになります。

 

しかし今度は、返済を肩代わりした保証会社が、あなたの債権者となるので勘違いしないようにしましょう。

 

このように、債権者が銀行から保証会社に変更されることを「代位弁済」といいます。

 

代位弁済が行われた場合、銀行口座を凍結しておく理由はなくなるため、凍結が解除されます。

 

するとこれまで通り、光熱費等の自動引き落としや、給料の振込が可能に。

 

 

 

代位弁済によって凍結が解除される時期は、銀行や保証会社によって大きく違うため、一概には言えません。

 

受任通知の送付後すぐに代位弁済が完了して、自己破産の申し立て前に凍結が解除されるケースもあります。

 

 

免責許可決定後は、口座凍結は解除される!?

破産手続きが無事に完了し、自己破産が認められるとともに、免責許可決定が下りた場合。

 

借金はすべて帳消しになり、銀行は預金口座を凍結し続ける法的根拠を失います。

 

よって、免責許可決定が下りれば、すべての銀行口座の凍結が解除されるのです。

 

口座の凍結が解除される時期は、それぞれの銀行によって違います。

 

銀行に直接電話等で問い合わせておくことをオススメします。

 

 

まとめ

自己破産と銀行口座との関連性について考察してきました。

 

自己破産の申し立てをしても、借金をしていない銀行の口座は凍結はされません。

 

しかし、現金なら99万円まで、預金などの金融資産では20万円を超えるお金は、資産と見なされて差押えられるので注意が必要です。

 

なので、自己破産の申し立てを弁護士に依頼する前の段階で、借金をしている銀行の口座はもちろん、20万円以上の残高のある他銀行の口座からも、預金を引き出しておきましょう。

 

また、「銀行の名寄せによる他の支店の口座も同時凍結」という事態もあります。

 

これは借り入れをしている口座とは別に、同じ銀行の他の支店に口座を持っている場合に起こること。

 

別の支店であっても、借り入れをしている銀行であれば、受任通知の連絡は届きます。

 

すると、借金をしていない別支店の預金口座も凍結されてしまう、というものです。

 

 

 

もし自己破産の申し立て前に他の口座を作る場合は、借金をしていない別の銀行で手続きするようにしてください。


 
自己破産,銀行口座,口座凍結,カードローン