自己破産の相談前に、弁護士と司法書士の違いを理解しよう!

自己破産の相談前に、弁護士と司法書士の違いを理解しよう!

 

自己破産,弁護士,司法書士,相談

やむにやまれない事情から、借金をアチコチに重ねてしまい多重債務に陥ってしまうと、借金地獄から抜け出せなくなってしまいます。

 

 

そのような債務超過状態が慢性化してしまった場合は、生活すること自体に支障が生じるので、本気で債務整理を考えなくてはいけなくなります。

 

 

債務整理の中でも、原則的に借金が帳消しなる自己破産を検討する多重債務者は多いのが現状です。

 

 

自己破産は、自分で裁判所に対して破産の申立書を作成して申し立てを行い、自分で破産手続きを進めていくことも可能といえば可能です。

 

 

しかし、法律の素人であり、借金問題で精神的にも疲弊しきっている債務者本人が、煩雑な申立書の作成を行ったり、裁判所との細かいやり取りを行っていくのはとてもハードルが高いです。

 

 

そのような事由から、自己破産を真剣に考える際には、法律事務所に相談して、プロである弁護士や司法書士に依頼したいと考える人も多いでしょう。

 

 

ですが、その前にちょっと待ってください…。

 

 

一口に、弁護士や司法書士とセットのように使っていますが、その違いはご存じでしょうか??

 

 

特に、自己破産の手続きを依頼する上において、弁護士と司法書士のどっちに依頼した方が良いのか?両者でどこがどう違うかのか?など、詳しく知っていますか??

 

 

ここでは、債務整理の最終手段である自己破産を進めていく上で、弁護士と司法書士の違いと、どちらに頼めばどのように良いか?などについて以下において考察していきたいと思います。

 

 

 

弁護士とは?

弁護士は、皆さんご存知の通り、国家資格の最難易度の資格ともよく称される資格者のみが成れる職業です。

 

 

法律行為を代理・代行するあらゆる権限を有しているのが弁護士です。

 

 

弁護士資格を取得した者のみが、弁護士を名乗ることを許され、他の者は弁護士を名乗ることは許されません。

 

 

本来、法律の専門家である弁護士資格を持つ者以外が、法律事務に関わって、報酬を得る行為は、「非弁行為」といって禁止されています。

 

 

このように、弁護士はあらゆる法律に関する代理業務を行う権限を与えられているため、自己破産の申し立てから破産手続きを弁護士に依頼した場合には、オールマイティになります。

 

 

つまり、裁判所に提出する自己破産の申立書は基本的に全部弁護士が作成し、それを弁護士が提出し、更に弁護士が代理人となり裁判所に出廷します。

 

 

そして、弁護士は、破産を進めていく都度、裁判官や破産管財人などと話し合いを重ねて、自己破産の手続きを円滑に迅速に終わらせていきます。

 

 

自己破産を弁護士に依頼する場合には、基本的に債務者本人は、申立ての前に法律事務所で弁護士と打ち合わせすれば、それから先は、全部弁護士がやってくれる運びなのが普通です。

 

 

つまり、丸投げでOK!ということです。

 

 

特殊なケースで、裁判所から債務者(破産申立て人)本人への出廷の指示がない限りは、裁判所への出廷は、債務者に代わってすべて弁護士がエージェントとなって行ってくれます。

 

 

ですから、仕事を自己破産手続きに邪魔されたくない人も、仕事を休む必要がなく、安心して仕事に打ち込めます。

 

 

このように、自己破産の申し立て〜破産手続きを、弁護士に依頼する場合には、基本的に債務者は丸投げで済んでしまうので大変楽です。

 

 

加えて、これに付随した問題として多い、離婚問題やその他の権利などに関する訴訟問題なども、法のエキスパートで権限を与えられている弁護士には相談し併せて依頼もできます。

 

 

大きなデメリットとしては、基本的に、自己破産に必要なすべての代理業務を弁護士が行うので、その報酬がかなり高めになってしまうことです。

 

 

 

司法書士とは?

法律のエキスパートであり、弁護士資格を取得した者だけに許されるあらゆる法律行為を代理する権限を持つ弁護士とよく比較されるのが司法書士です。

 

 

司法書士の主な業務は、「書類作成代行」業務です。

 

 

つまり、自己破産を弁護士ではなく、司法書士に依頼する場合では、裁判所へ提出する書類の作成しか依頼することができません。

 

 

司法書士は、原則、弁護士のように法律行為を代理・代行することはできないしその権限も与えられていないからです。

 

 

ですが、2003年に、一部法が改正されて、認定司法書士と呼ばれる法務大臣の認定を受けた司法書士に限り、債務整理に関する一部の整理業務が認めるようにはなっています。

 

 

とは、いえ、弁護士と比べると、その認定司法書士においても、業務を許される制限は多いので、依頼する場合には注意が必要です。

 

 

弁護士と違って、司法書士には自己破産を進めていく上での「代理権」はありません。

 

 

ですから、基本として、あくまでも裁判所には、「債務者(破産申請者)本人」が、破産を申し立て、破産手続きを進めていくという形をとらなければなりません。

 

 

弁護士のように丸投げの体ではマズイわけです。

 

 

とはいっても、そこは安心してください。

 

 

ほとんどの裁判所においては、審問期日の出廷は、司法書士の同席が認められているので、申立て人本人がひとりで裁判所へ行かなくてはいけないという羽目にはならないでしょう。

 

 

更に、裁判所との連絡や書類上での細かなやり取りに関しても、基本、司法書士が全て代行してやってくれるので、実質的には、弁護士とそれほど差異は感じないでしょう。

 

 

司法書士に自己破産を依頼する場合の大きなメリットに「費用の安さ」があります。

 

 

弁護士と違い、代理人の権限がない分、報酬の相場が安くなるのです。

 

 

また、仕事が忙しい人には大きなデメリットですが、丸投げで済む弁護士と違い、審問期日には申立て人本人が出廷しなければいけないので、自己破産の実感を肌で体験できます。

 

 

 

弁護士と司法書士では、どちらに頼む方が良いのか?

自己破産,弁護士,司法書士,相談
あなたが、自己破産を真剣に考えている場合には、弁護士に頼むのが良いのか?司法書士に頼むのが良いのか?迷うとところだと思います。

 

 

では、どちらが良いのでしょうか??

 

 

これは、債務者本人の置かれている状況や立場によって変わってくると思います。

 

 

まず、仕事が忙しく、生活を自己破産手続きで妨害されたくないと思っている人なら、迷わず弁護士に依頼するのが良いでしょう。

 

 

前述した通り、弁護士は法律の専門家で、法律行為においてすべての代理業務を行える権限を与えられているわけです。

 

 

なので、自己破産の申し立て前に、弁護士事務所で綿密に打ち合わせさえれば、あとは代理人である弁護士に丸投げでも、全部やってもらえるからです。

 

 

しかし、申立人の債務総額が140万円以下ということがわかっている場合や、財産がほぼ無いケースなどでは、司法書士に依頼して費用を安く抑える方が賢明です。

 

 

要するに、ポイントは、審問期日に、本人が出廷できるかどうか?という点と、費用をできるだけ安く上げたいか?という点に尽きると思います。

 

 

これは、個人個人の事情で違ってくるでしょう。

 

 

一つ共通して言えることは、弁護士であれ、司法書士であれ、「信頼するに足るかどうか?」という点が一番になります。

 

 

 

まとめ

以上、ざっくりと、弁護士と司法書士の違いなどを考察してきました。

 

 

自己破産を考える場合、自分の置かれた状況や債務の額などによってもどちらに依頼した方がより良い選択かは違ってくることはわかっていただけたのではないでしょうか?

 

 

仕事が忙しく、雑音で邪魔されたくない、もしくは、債務の総額も多く、処分しなければならない財産もある、といった人なら、文句なく弁護士に丸投げしてやってもらった方が得策。

 

 

債務総額(借金総額)が、140万円未満であり、自分で出廷してもいいという人なら、司法書士に依頼した方が、費用は安上がりでお得です。

 

 

このように、それぞれ人によってどちらが良いかは変わってきますので、まずは、自分の状況を客観的に分析してみることをオススメします。


 
自己破産,弁護士,司法書士,相談