自己破産する人の特徴とは!?浪費癖があるから?無職だから?

自己破産する人の特徴とは!?浪費癖があるから?無職だから?

 

自己破産,総量規制,特徴,問題

2003年、自己破産件数は過去最高の25万件以上を記録し、社会問題となりました。

 

しかし近年は減少傾向にあり、年間7万件程度に留まっているといわれています。

 

しかし、これは単純に喜んで良い事実ではありません。

 

政府が改正した総量規制によって、ノンバンクの消費者金融などからの借入額を抑えた結果であり、根本的な借金問題や貧困問題が解決しているとは言い切れないからです。

 

皮肉なことに、違法な暴利で貸付を行っていた闇金ばかりが、むしろ以前よりも潤っているという末期的な状況が続いています。

 

なぜなら、改正された貸金業法を守らなければいけないのは、正規の貸金業者だけだから。彼らにとって法の改正は、むしろ打撃だったのです。

 

また、借り手側も総量規制で大金を借りられなくなったため、債務不履行に陥りやすくなりました。

 

これらの事実を踏まえて、どのような人が自己破産しやすいのか?その特徴について掘り下げて考察していきたいと思います。

 

⇒匿名・無料で借金診断できるのはご存知ですか?

 

自己破産の原因で多いのが住宅ローン問題!!

自己破産で最も多いのが住宅ローン破産です。

 

住宅ローンとは、家を購入する際に銀行や公庫といった金融機関からその資金を借り入れ、25年や30年などの超ロングスパンでローンを組み、返済していくもののこと。

 

しかし現代は、専門家でも5年先の景気を予測するのが困難な時代です。

 

ましてや25年〜30年先の世相や景気の変動、個人的な経済事情の変化などは予想がつきません。

 

住宅購入時の状況が長く続くとは限らないのです。

 

例えば、
「住宅ローンを組んだ後に勤務先の業績が悪化して、年収が減ってしまった」
「会社が倒産してしまった」
「40歳を過ぎて子会社出向が決まり、待遇が大幅に悪化した」
など、何が起こるか分かりません。

 

世界経済を含めて、先行きの不透明な時代です。

 

月々の返済額が10万円を超えていたり、ボーナス月に数十万の支払いが組み込まれているローンなどを、25年や30年も組む。

 

これはもはや自殺行為でしかありません。

 

このような時代に、まったく余裕のないキツキツの住宅ローンを20年以上も組むことは、無謀な行為だと理解することが大事です。

 

⇒匿名・無料で借金診断できるのはご存知ですか?

 

経営者以外の多重債務者の多くは、非正規雇用者!

次に多い特徴が、契約社員やパート、アルバイトといった非正規雇用者であることです。

 

35歳を過ぎた転職や、中途採用の雇用状況の悪化、ブラック企業問題…。

 

労働条件が劣悪で賃金も安く、長時間の重労働は日常茶飯事。さらに、残業手当も付かないような会社が数多く存在します。

 

そのような労働環境で働く人は、突然クビ切りにあったり、収入が減らされたりする場合も。

 

そして借金に手を出し、その返済をするため、さらにあちこちから借金を繰り返す…。

 

つまり、多重債務に陥りやすいのです。

 

さらに、総量規制により、
「闇金で借りるか?」
「債務整理、最終手段である自己破産を選ぶか?」
といった状況にまで、債務者を追いつめてしまうケースも多く見られます。

 

⇒匿名・無料で借金診断できるのはご存知ですか?

 

日本の景気だけの問題ではない!あなた自身も要注意!

自己破産しやすい人に見られる、性格的な問題について触れておきましょう。

 

自己破産に至るまでの理由には、様々なものがあると思います。

 

中には、「友人知人の連帯保証人になったら、本人が破産してしまってとばっちりに・・・」といった不可抗力的なケースもあるでしょう。

 

このようなケースはとても気の毒ですが、自己破産する人には、ある一定の共通点が見られることも事実です。

 

それは、「責任感の欠如」と「他人に厳しく自分に極度に甘い性格」。

 

・借金をしているのに贅沢な生活がやめられない
・借金があるのにさらに借金をして多重債務に陥ってしまう
・ギャンブル依存症
・借金だらけなのにパチンコがやめられない
などといった、非常に自堕落で自分に甘い傾向が見られるのです。

 

さらに、自分の悪行が原因で債務超過に陥ったにも関わらず、

 

「日本の景気が悪いせいで、私はこんなに借金しなきゃいけない!」

 

「国が悪い!行政が悪い!自分が借金まみれなのは、国の制作が悪いせいだ!」

 

などと、自分以外のせいにする傾向もあります。
2003年、自己破産件数は過去最高の25万件以上を記録し、社会問題となりました。

 

しかし近年は減少傾向にあり、年間7万件程度に留まっているといわれています。

 

しかし、これは単純に喜んで良い事実ではありません。

 

政府が改正した総量規制によって、ノンバンクの消費者金融などからの借入額を抑えた結果であり、根本的な借金問題や貧困問題が解決しているとは言い切れないからです。

 

皮肉なことに、違法な暴利で貸付を行っていた闇金ばかりが、むしろ以前よりも潤っているという末期的な状況が続いています。

 

なぜなら、改正された貸金業法を守らなければいけないのは、正規の貸金業者だけだから。彼らにとって法の改正は、むしろ打撃だったのです。

 

また、借り手側も総量規制で大金を借りられなくなったため、債務不履行に陥りやすくなりました。

 

これらの事実を踏まえて、どのような人が自己破産しやすいのか?掘り下げて考察していきたいと思います。

 

⇒匿名・無料で借金診断できるのはご存知ですか?

 

自己破産の原因で多いのが住宅ローン問題!!

自己破産で最も多いのが住宅ローン破産です。

 

住宅ローンとは、家を購入する際に銀行や公庫といった金融機関からその資金を借り入れ、25年や30年などの超ロングスパンでローンを組み、返済していくもののこと。

 

しかし現代は、専門家でも5年先の景気を予測するのが困難な時代です。

 

ましてや25年〜30年先の世相や景気の変動、個人的な経済事情の変化などは予想がつきません。

 

住宅購入時の状況が長く続くとは限らないのです。

 

例えば、
「住宅ローンを組んだ後に勤務先の業績が悪化して、年収が減ってしまった」
「会社が倒産してしまった」
「40歳を過ぎて子会社出向が決まり、待遇が大幅に悪化した」
など、何が起こるか分かりません。

 

世界経済を含めて、先行きの不透明な時代です。

 

月々の返済額が10万円を超えていたり、ボーナス月に数十万の支払いが組み込まれているローンなどを、25年や30年も組む。

 

これはもはや自殺行為でしかありません。

 

このような時代に、まったく余裕のないキツキツの住宅ローンを20年以上も組むことは、無謀な行為だと理解することが大事です。

 

⇒匿名・無料で借金診断できるのはご存知ですか?

 

経営者以外の多重債務者の多くは、非正規雇用者!

自己破産,総量規制,特徴,問題
次に多い特徴が、契約社員やパート、アルバイトといった非正規雇用者であることです。

 

35歳を過ぎた転職や、中途採用の雇用状況の悪化、ブラック企業問題…。

 

労働条件が劣悪で賃金も安く、長時間の重労働は日常茶飯事。さらに、残業手当も付かないような会社が数多く存在します。

 

そのような労働環境で働く人は、突然クビ切りにあったり、収入が減らされたりする場合も。

 

そして借金に手を出し、その返済をするため、さらにあちこちから借金を繰り返す…。

 

つまり、多重債務に陥りやすいのです。

 

さらに、総量規制により、
「闇金で借りるか?」
「債務整理、最終手段である自己破産を選ぶか?」
といった状況にまで、債務者を追いつめてしまうケースも多く見られます。

 

⇒匿名・無料で借金診断できるのはご存知ですか?

 

日本の景気だけの問題ではない!あなた自身も要注意!

自己破産しやすい人に見られる、性格的な問題について触れておきましょう。

 

自己破産に至るまでの理由には、様々なものがあると思います。

 

中には、「友人知人の連帯保証人になったら、本人が破産してしまってとばっちりに・・・」といった不可抗力的なケースもあるでしょう。

 

このようなケースはとても気の毒ですが、自己破産する人には、ある一定の共通点が見られることも事実です。

 

それは、「責任感の欠如」と「他人に厳しく自分に極度に甘い性格」。

 

・借金をしているのに贅沢な生活がやめられない
・借金があるのにさらに借金をして多重債務に陥ってしまう
・ギャンブル依存症
・借金だらけなのにパチンコがやめられない
などといった、非常に自堕落で自分に甘い傾向が見られるのです。

 

さらに、自分の悪行が原因で債務超過に陥ったにも関わらず、

 

「日本の景気が悪いせいで、私はこんなに借金しなきゃいけない!」

 

「国が悪い!行政が悪い!自分が借金まみれなのは、国の制作が悪いせいだ!」

 

などと、自分以外のせいにする傾向もあります。

 

責任感が強くて自分をコントロールできる人は、今の収入の範囲内でやり繰りをして、借金には手を出さないものです。

 

仮に借金をつくってしまったとしても、死にもの狂いで働いて返済しようとすることでしょう。

 

自己破産を検討している方は、今一度、自分自身を見つめ直してみてください。

 

⇒匿名・無料で借金診断できるのはご存知ですか?

 

どうしようもない場合には、自己破産の選択が必要!

自己破産しやすい人の特徴について取り上げました。まとめると次のようになります。

 

外的要素

1.非正規の契約形態の労働者が多い

 

2.住宅ローンの負担が多大になって債務超過に陥る人が多い

 

内的要素

1.自分自身に甘い人

 

2.責任感が欠如していて物事を軽く考えがちな人

 

3.安直に借金を重ねがちな人

 

 

 

とはいえ、本当にもうどうしようもない状態のときは、まず借金減額診断を受けられることをオススメします。

 

責任感が強くて自分をコントロールできる人は、今の収入の範囲内でやり繰りをして、借金には手を出さないものです。

 

仮に借金をつくってしまったとしても、死にもの狂いで働いて返済しようとすることでしょう。

 

自己破産を検討している方は、今一度、自分自身を見つめ直してみてください。

 

下にある【無料診断はこちら】から借金減額診断が行なえますので、一度試されてはいかがでしょうか?


 
自己破産,総量規制,特徴,問題